ケース別の応急処置の方法を解説。犬が溺れた場合の応急処置の方法について解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録

犬が溺れた場合の応急処置の方法について解説しています。

トップケース別の応急処置一覧>溺れた場合の応急処置方法

犬が溺れた場合の応急処置方法【ワンちゃんの医学マニュアル】

溺れた場合の応急処置方法

海や川などで犬がおぼれている場合には、特に大型犬のケースでは、飼い主がむやみに助けようとする行為は危険です。
水深が深いと、犬にしがみつかれた飼い主も一緒に溺れてしまう可能性があるので、冷静に、板などの浮くものを岸辺から差出して、これにつかまらせて犬を救助します。
犬が水を飲んでぐったりとしている場合には、横に寝かせて、わき腹から胸にかけて強めに叩いて水を吐くように促します。
叩いても水を吐かない場合には、下半身を持って逆さにし、ゆっくりと上下に振ります。
数回振っても吐かない場合には、振るのをやめてください。
呼吸や鼓動が確認できない場合には、人工呼吸法や心肺蘇生法をおこないながら、大至急動物病院へ連れて行きます。

チェック人工呼吸法と心肺蘇生法

水を飲んでぐったりしている場合

犬を横に寝かせて、わき腹から胸にかけて強めに叩いて水を吐くように促します。

水を吐かない場合

水を吐かない場合には、犬の下半身をしっかりと持って逆さにし、ゆっくりと上下に揺さぶって、水を吐くように促します。
ただし、数回揺さぶっても水を吐かない場合には、揺さぶるのをやめてください。


チェック関連リンク

体から出血した場合やけどをした場合骨折・脱臼した場合感電した場合虫に刺された場合溺れた場合熱中症を起こした場合異物を飲み込んだ場合けいれんした場合呼吸をしていない場合


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.