ケース別の応急処置の方法を解説。犬が熱中症を起こした場合の応急処置の方法について解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録

犬が熱中症を起こした場合の応急処置の方法について解説しています。

トップケース別の応急処置一覧>犬が熱中症を起こした場合の応急処置方法

犬が熱中症を起こした場合の応急処置方法【ワンちゃんの医学マニュアル】

熱中症を起こした場合の応急処置方法

犬は、呼吸によって唾液を蒸散させ、その気化熱を利用して体温調節をおこなうため、暑さと湿気に非常に弱く、高温多湿の環境下では、5分〜15分で熱中症になってしまいます。
呼吸を荒くして、よだれを多量に垂らし、ぐったりとしている場合には、熱中症を疑ってください。
最悪のケースでは、死に至ることもあるのですぐに応急処置をする必要があります。
熱中症の応急処置の基本は、体を冷やすことです。
日陰に寝せ、全身に冷水をかけて、体温を下げます。
犬の意識がある場合には、500ccの水に塩をひとつかみ入れたものや、スポーツドリンクを飲ませて、水分を早く吸収させます。
注意しなければならないのは、体温を下げずぎないようにすることです。
こまめに体温測定をして、体温が39℃程度まで下がったら冷やすのをやめて、早急に動物病院で診察を受けてください。
犬が意識を失っている場合には、体全体に冷水をかけるなどして体温を下げる処置をおこなうと同時に、動物病院と連絡を取って、一刻も早く動物病院に連れて行く必要があります。
応急処置をせずに病院へ向かってしまうと、症状が悪化する可能性が高くなります。
必ず体を冷やして、体温を下げる処置をしながら、動物病院に向かってください。
また、日頃から、犬を暑い環境におかずに、水をこまめに飲ませるなど、熱中症予防の対策も大切です。

意識がある場合

まずは、頭の下に保冷剤を敷いて頭を冷やします。
次に、大動脈が通っている「首のつけ根」に水をかけて冷やします。
首の次は、胴体に水をかけたり、濡れた布などをかけたりして全身を冷やします。
また、体を冷やすと同時に、500ccの水に塩をひとつかみ入れたものや、スポーツドリンクを飲ませて、水分を早く吸収させます。

意識を失っている場合

体全体に冷水をかけるなどして体温を下げる処置をおこなうと同時に、動物病院と連絡を取って、一刻も早く動物病院に連れて行く必要があります。


チェック関連リンク

体から出血した場合やけどをした場合骨折・脱臼した場合感電した場合虫に刺された場合溺れた場合熱中症を起こした場合異物を飲み込んだ場合けいれんした場合呼吸をしていない場合


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.