犬の熱中症を紹介。犬の熱中症、日射病、熱射病について詳しく解説してます。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
熱中症・日射病・熱射病について詳しく解説
トップ>熱中症・日射病・熱射病

熱中症・日射病・熱射病【ワンちゃんの医学マニュアル】

熱中症・日射病・熱射病

犬は、呼吸によって唾液を蒸散させ、その気化熱を利用して体温調節をおこなうため、暑さと湿気に非常に弱く、高温多湿の環境下では、5分〜15分で熱中症になってしまいます。
呼吸が荒くなり、よだれを多く垂らし、ぐったりとしていたら熱中症を疑ってください
最悪のケースでは、死に至ることもあるのですぐに応急処置をする必要があります。
チェックケース別応急処置方法(熱中症)

病気の原因暑い環境下での留守番、炎天下での散歩

冷房や換気がない室内や車内で留守番をさせたり、炎天下での散歩などは、熱中症を起こす原因になります。
特に、水分を充分に摂取できない環境下や、排尿をがまんしてしまう環境下では、熱中症になりやすいといえます。
また、パグやフレンチ・ブルドックなどの短頭犬種や、太り気味の犬は熱中症にかかりやすい傾向があります。

症状体温の上昇・よだれを多く垂らす・ぐったりする

いちばんわかりやすい症状は、体温が急激に上昇するということです。
体温が上昇するため、ぐたっりし、「ハァハァ」と息苦しそうに呼吸したり、多量のよだれを垂らします。
また、ふらついて倒れてしまうケースや、目や口腔粘膜に充血を起こすケースもあります。

熱中症を放置してしまうと、失神、筋肉のけいれんが見られたり、意識がもうろうとして、飼い主の呼びかけに対する反応がぶくなったりします。
重度になると、完全に意識がなくなったり、けいれん発作を起します。
最悪の場合はショック症状を起こし、死に至ります。

治療法体を冷やす

治療は、意識がある場合と意識がない場合で異なります。

【意識がある場合の治療法】
一刻も早く体を冷やすして、水分補給をさせることが大切です。
涼しい環境下に移した後、体全体に冷水をかけるなどして体温を下げます。
また、500ccの水に塩をひとつかみ入れたものや、スポーツドリンクを飲ませて、水分を早く吸収させます。
注意しなければならないのは、体温を下げずぎないようにすることです。
こまめに体温測定をして、体温が39℃程度まで下がったら冷やすのをやめて、早急に動物病院で診察を受けてください。

【意識がない場合の治療法】
一刻も早く体を冷やすして、動物病院に連れて行くことが大切です。
体全体に冷水をかけるなどして体温を下げる処置をおこなうと同時に、動物病院と連絡を取って、一刻も早く動物病院に連れて行く必要があります。
応急処置をせずに病院へ向かってしまうと、症状が悪化する可能性が高くなります。
必ず体を冷やして、体温を下げる処置をしながら、動物病院に向かってください。

病気予防環境を整える

予防策としては、冷房や換気がない環境下で生活をさせないことが必要です。
どうしても留守番させなければならない場合には、冷房をつける、窓などを開けて風通しをよくする、すぐに水を飲めるように自動給水機などを用意するなど、環境を整えてから外出する心がけが必要です。
また、散歩をさせる場合には、気温や湿度が比較的低い、朝や夜に散歩をさせてください。


チェック関連病気

皮膚の病気骨と関節の病気脳と神経の病気目の病気耳の病気歯と口腔の病気呼吸器の病気循環器の病気消化器の病気泌尿器の病気生殖器の病気ホルモン異常の病気感染症寄生虫病気中毒


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.