ケース別の応急処置の方法を解説。犬が骨折・脱臼した場合の応急処置の方法について解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録

犬が骨折・脱臼した場合の応急処置の方法について解説しています。

トップケース別の応急処置一覧>骨折・脱臼した場合の応急処置方法

犬が骨折・脱臼した場合の応急処置方法【ワンちゃんの医学マニュアル】

骨折・脱臼した場合の応急処置方法

ワンちゃんの歩き方が普段と違っていたり、足の一部分だけが腫れている場合には、「骨折(こっせつ)」や、「脱臼(だっきゅう)」の可能性が考えられます。
骨折している場合には、折れた足を動かそうとすると、痛がって嫌がります。
応急処置の際には、痛みで犬が暴れる可能性が高いため、口輪が必要になります。
応急処置としては、患部がそれ以上動いて悪化しないように、固定だけをして、動物病院に連れて行きましょう!!
くれぐれも、骨の位置を自分で戻そうとしないでください。
骨が折れて体外に飛び出している場合には、動かさずに、止血の処置だけをして、早急に動物病院に連れて行く必要があります。
また、背中の骨が折れている場合には注意が必要です。
背骨には、神経などの大切な器官が数多く通っています。
絶対に犬の体を動かさずに、静かに板などのかたいものの上にのせて、動物病院に連れて行くことが大切です。

脱臼は、骨折とは異なり、関節の骨がずれる症状です。
応急処置は、骨折した場合と同じです。
骨の位置を動かそうとせずに、患部がそれ以上動いて悪化しないように、固定だけをして、動物病院で骨の位置を戻してもらいます。

口輪とは?口輪とは、けがや病気の苦痛から、犬がパニックなって、飼い主を噛まないようにするための、応急処置をするための前処置です。

チェック応急処置の前におこなう保定

ステップ.1【口輪をする】

骨折した患部を触ろうとすると、痛みがあるため、飼い主を噛むケースがあります。
安全に素早く処置するために、口輪をつけます。
チェック口輪のつけ方

口輪(ワンちゃんの医学マニュアル)
ステップ.2【患部を固定する】

骨や関節をもとの位置に戻すのは、動物病院でおこないます。
あくまでも、痛めた患部を保護することを目的として固定します。

骨折の固定(ワンちゃんの医学マニュアル)

部位別の骨折の応急処置

【足】
痛めた箇所に軽く包帯などを巻きつけた後に、割りばしなどの木片や、段ボールなどを添えて、再度、添え物の上から軽く包帯を巻きます。

【肋骨】
幅が広い包帯や、タオルなどをきつめに巻きつけて縛ります。
歯茎が白くなっている場合には、ショック症状を起こしているので、応急処置はせずに動物病院に連れて行きます。
犬を移動させるときは、板や布などの担架で運んでください。

【背骨】
絶対に体を動かさないように、板などのかたい担架にのせて、早急に動物病院に連れて行く必要があります。


チェック関連リンク

体から出血した場合やけどをした場合骨折・脱臼した場合感電した場合虫に刺された場合溺れた場合熱中症を起こした場合異物を飲み込んだ場合けいれんした場合呼吸をしていない場合


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.