応急処置の前にする処置について解説。応急処置の前にしなければならない、犬の体を固定する「保定」の仕方について解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録

犬の体を固定する「保定」の仕方について解説しています。

トップケース別の応急処置一覧>保定の仕方

犬の保定の仕方【ワンちゃんの医学マニュアル】

保定の仕方

応急処置をおこなう前に、まずしなければならないのが「保定」です。
保定とは、応急処置をおこなうときに、安全・確実に処置ができるように、犬を抱いて動かさないようにすることです。
落ち着いて、できる限り素早く保定してから、応急処置をおこなってください。
けがや病気の苦痛によって、犬がパニックに陥っている場合には、飼い主であっても噛まれることがあります。
犬の口を固定(口輪)して、処置にのぞんでください。

ステップ.1【犬をなだめる】

犬が苦痛によって、パニックを起こしている場合には、急に犬に近づいてしまうと、反射的に噛みつくことがあります。
厚手の手袋などをつけて、声をかけ続けなだめながらゆっくり近づいてください。

ステップ.2【口輪をつける】

暴れる可能性がある状態の時には、応急処置をする前に、噛まれないように口輪をつけます。
口輪をつけることによって、処置をする際も安全です。
口輪は市販されています。
事前に用意していない場合には、包帯やタオルで代用します。

口の固定(口輪)(ワンちゃんの医学マニュアル)

【鼻が短い犬種】
タオルなどの布をあごの下にあてて、布の端を首の後ろで結び、口が開かないようにします。
鼻まで隠さないように注意してください。

【鼻が長い犬種】
包帯で輪をつくり、その輪を犬の鼻に通します。
包帯の先をあごの下で交差させて、首の後ろに回して包帯を結びます。


チェック関連リンク

体から出血した場合やけどをした場合骨折・脱臼した場合感電した場合虫に刺された場合溺れた場合熱中症を起こした場合異物を飲み込んだ場合けいれんした場合呼吸をしていない場合


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.