犬の心の病気を紹介。心の病気「アルファシンドローム」について詳しく解説してます。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
アルファシンドロームについて詳しく解説
トップ心の病気>アルファシンドローム

アルファシンドローム【ワンちゃんの医学マニュアル】

アルファシンドローム

飼い主をリーダーとは認めず、犬が飼い主の命令を聞かなくなる症状を「アルファシンドローム」といいます。
飼い主と犬との間に、主従関係が構築できていない場合に起こる症状です。
ほとんどの場合は改善することができますが、重度のアルファシンドロームを起こしている場合には、専門家や獣医師に相談する必要があります。

病気の原因主従関係の逆転

本来犬は、群れの中で上下関係をつくって生活する動物です。
群れには必ずリーダー(アルファ)が存在し、リーダーが群れ全体の行動を決め、命令に従わない犬には、威嚇や攻撃をして群れ全体の秩序を保ちます。
生まれたときから人間に飼われている犬も、本能的に、家族の中で誰が一番上位なのかを意識しながら生活をしています。
飼い主が犬に対してリーダーシップを握っていれば、犬は飼い主に従うため、優位性にかかわる問題行動を起こすことはありません。
しかし、日頃の生活での飼い主の態度や、しつけの方法が間違っている場合には、犬が飼い主よりも優位だと感じるようになり、リーダーとして振る舞うようになります。

チェック飼い主と犬の立場を逆転させる行動

症状飼い主の命令を聞かない

犬が自分がリーダーだという振る舞いをするようになります。
たとえば、飼い主に対して攻撃的な行動を見せたり、犬の名前を呼んでも反応しない、などの行動をとるようになります。
その他にも、飼い主に対して前足をかけて腰を振る「マウンティング行為」(疑似性行為)をすることがあります。
この疑似性行為は、多くは性ホルモンの影響によって起こる問題行動ですが、犬の群れの中においては、自分よりも序列が下位の相手に対しておこなわれる行為です。

治療法主従関係の構築

まずは、飼い主と犬との間の主従関係を構築することが大切です。
たとえば、食事はまず人間が先に済ませ、その後に犬に食餌を与えることを習慣化させます。
食餌の時間は飼い主が決めて、犬が催促しているうちは与えないようにしてください。
また、食餌の前に「お座り」や「待て」などの基本的な命令を出すようにするのも効果的な方法です。

散歩の際は、犬がリードを引っ張ったら立ち止まり、再び飼い主のペースで歩きます。
犬の引っ張り癖が治るまでは、犬が行きたがる方向と逆の方向に歩くことも効果的です。

犬が威嚇している場合には、一歩も引き下がらないことが大切です。
飼い主の命令は最後まで通してください。

飼い主に対してマウンティングをした場合には、犬の前足を払い、その場から離れて無視します。
「無視」は、飼い主がリーダーであるということを犬に示す、最も効果的な方法(犬にとっては罰)です。

犬が命令に従ったときには、よくほめて遊んであげます。
この、命令とほめるを繰り返すことによって、犬は飼い主をリーダーと認めるようになるのです。
ただし、アルファシンドロームがエスカレートすると人間に危害を及ぼす可能性があります。
危険を感じた場合には、動物行動療法の専門家や獣医師とよく相談する必要があります。


チェック関連病気

強迫性異常症攻撃行動恐怖症分離不安アルファシンドローム


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.