犬の心の病気を紹介。心の病気「恐怖症(きょうふしょう)」について詳しく解説してます。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
恐怖症(きょうふしょう)について詳しく解説
トップ心の病気>恐怖症(きょうふしょう)

恐怖症(きょうふしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

恐怖症(きょうふしょう)

特定の音や強い光に対して、強い怯えた反応を示しすのが「恐怖症(きょうふしょう)」です。
恐怖症は、過去に強い刺激を受けたトラウマから起こるものと、遺伝的に起こるものとがあります。

病気の原因強い刺激・遺伝的

恐怖症は、過去に強い刺激を受けた際のトラウマによって起こるものと、遺伝的なものが原因によって起こるものとがあります。
突然の音や光などの刺激を与えられると、犬は驚くと同時に、警戒反応を示します。
これは、自然界で生きてる動物すべてに共通する反応です。
ただし、この刺激が強すぎると、犬は極度の恐怖心を抱き、忘れません。
最初に強すぎる刺激に接すると、それ以降は、犬はその刺激に慣れなくなります。
これがトラウマによる恐怖症です。
恐怖行動を起こす主な原因は、雷鳴や稲妻、雷に似た花火です。
犬が、雷鳴や花火を恐れるのは、雷の脅威にさらされていた野生時代の名残だといわれています。

ボーダー・コリーやジャーマン・シェパード・ドッグは、遺伝的に恐怖症になりやすい犬種です。
これは、敏感な感覚を持つように改良されたことが原因だと考えられています。

症状怯える・暴れる

特定の音や強い光に対して、強い怯えた反応を示します。
具体的には、「ハァハァと大きく荒い息をする」、「よだれを垂らす」、「駆け回る」、「吠える」、「震える」などのしぐさを見せます。
その他にも、「耳を伏せる」、「腰を引く」、「尻尾を丸めて後足の間にしまう体勢になる」などの行動を見せたり、「刺激から逃げようと穴を掘ろうとする」、「壁やドアをひっかく」、「体当たりする」などの行動を見せるケースもあります。

治療法少しずつ慣らす

治療は、トラウマによる原因であっても、遺伝による原因であっても、「脱感作法」という方法が効果的です。
まずは、犬が特定の音を怖がっている場合にはその音を録音したものを用意し、光を怖がっている場合にはその光源を用意します。
そして、犬には一番落ち着く姿勢である、伏せや座れをさせておきます。
この状態で、録音した音を極めて小さい音量から聞かせていきます。
このとき、飼い主は犬のそばについて、声をかけたりおやつをあげたりして、犬の気持ちをやわらげてあげます。
少しずつ音量を大きくして、普通の音量にしても犬が落ち着いていられるまで、毎日繰り返し聞かせます。
光の場合も音と同様に、少しずつ徐々に光量を増やしていき、犬が落ち着いていられるまで、毎日繰り返します。


チェック関連病気

強迫性異常症攻撃行動恐怖症分離不安アルファシンドローム


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.