犬の問題行動から心の病気を察知。犬が起こす問題行動から考えられる心の病気を解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録

犬が起こす問題行動から考えられる心の病気を解説しています。

トップ>犬の心の病気

犬が起こす問題行動から考えられる心の病気【ワンちゃんの医学マニュアル】

犬の心の病気

  • 強迫性異常症
    体の一部を炎症が起きるほどなめ続ける/尻尾を追いかけてぐるぐる回る/目的のない行動を繰り返す
  • 攻撃行動
    飼い主に対して吠える・噛みつく/人に対して歯をむき出しにして威嚇する/他の犬に対してうなる・噛みつく
  • 恐怖症
    雷・花火を怖がる/特定の音や光に対して恐怖反応を示し、震えたり呼吸を荒くする
  • 分離不安
    飼い主が外出しようとすると吠える/孤独にさせると吠え続ける/留守番中に物を壊す・噛む
  • アルファシンドローム
    飼い主にマウンティングをする/命令されると威嚇する/飼い主が呼んでも来ない/家族が名前を呼んでも振り向かない

問題行動の矯正に用いられる薬

不安やうつ状態が原因によって起こる犬の問題行動の治療として、近年、抗うつ薬が注目されています。
人間の精神疾患に用いられてきた治療薬を犬にも使う治療方法です。

チェック問題行動の矯正に用いられる薬一覧

▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.