犬が起こす問題行為の原因について解説。どのような原因によって犬が問題行動を起こしてしまうのかを解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
どのような原因によって犬が問題行動を起こしてしまうのかを解説しています。
トップ犬の問題行動>犬が問題行動を起こす原因(外的原因)

犬が問題行動を起こす原因(外的原因)【ワンちゃんの医学マニュアル】

外的原因(犬が問題行動を起こす原因)

犬が問題行動を起こす原因として、犬の遺伝的な気質や、性ホルモンによる影響、病気などの「外的原因」が考えられます。
愛犬が問題行動を起こしている場合には、まず、外的原因となる健康状態や遺伝的性質を確認します。
犬は体調が悪くなると過敏になり、飼い主の気を引くために、特別な行動をして訴えることがあります。
その他にも、性ホルモンの影響から特定の問題行動を起こすケースもあります。
犬種によっては、遺伝的に吠えやすいなど、特定の問題行動を起こしやすい性質を持つ犬も存在します。

  • 体に痛みや不快感を感じるために自分の身を守ろうとする
  • 遺伝による特性
  • 先天的(生まれつき)の疾患

病気が原因で起こる問題行動

犬が問題行動を起こす外的原因の中でも、病気が原因である場合には、動物病院で病気を治療する必要があります。
通常、不快感や痛みを感じている犬は、外部の刺激に過剰に反応を示し、近づくものを攻撃しようとします。
その他にも、ぐるぐると自分の尻尾を追いかけまわるなど、意味のない行動を繰り返し行う「常同行動」を起こしている場合には、脳炎や中毒症状、ジステンバーなどの脳の病気や、先天的(生まれつき)の脳疾患を患っている可能性があります。

  • 泌尿器の病気
    排尿・排泄にかかわる問題行動を起こします。
  • 皮膚の病気
    繰り返し自分の体をなめ続ける自傷行為や、触られないようにと攻撃行動を起こします。
  • 寄生虫病感染症
    繰り返し自分の体をなめ続ける自傷行為や、攻撃行動を起こします。
  • 骨折などの整形外科的な病気
    患部に触られないようにと攻撃行動を起こします。

遺伝が原因で起こる問題行動

動物病院で検査をした結果、病気が見つからない場合には、もう一つの外的原因である遺伝的な原因を疑う必要があります。
先天的な脳疾患だけでなく、犬種ごとに持つ遺伝的な性質が問題行動の原因になっている可能性があります。
たとえば、ビーグル、テリア種、ダックスフンド、ジャーマン・シェパード・ドッグなどは、物事に敏感な犬種のため、吠えやすい傾向にあります。
また、シべりアン・ハスキー、ダルメシアンなどの実用犬種は、必要とする運動量が多いため、運動時間が足りない場合には、欲求不満から問題行動を起こすケースがあります。
その他にも、チワワをはじめとする小型犬は、大型犬よりも気が強く、威嚇行動(いかくこうどう)を起こしやすい傾向があります。
遺伝的な性質は、しつけによってある程度は抑えることができますが、遺伝的な性質からくる欲求を、うまく発散させてあげることが、問題行動を抑える秘訣です。


チェック関連病気

犬が起こす問題行動とは代表的な犬の問題行動問題行動の原因(飼い主の接し方・ストレス)問題行動の原因(病気・遺伝的疾患)


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.