犬が起こす問題行為の原因について解説。どのような原因によって犬が問題行動を起こしてしまうのかを解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
どのような原因によって犬が問題行動を起こしてしまうのかを解説しています。
トップ犬の問題行動>犬が問題行動を起こす原因(内的原因)

犬が問題行動を起こす原因(内的原因)【ワンちゃんの医学マニュアル】

内的原因(犬が問題行動を起こす原因)

犬が問題行動を起こす原因として、飼い主の犬への接し方や、犬の欲求を押し込めてしまうような飼い方などによって、犬の心に慢性的なストレスがかかっていることが考えられます。
これを「内的原因」といいますが、たとえば、「引っ越しにより生活環境が変わった」、「犬の精神を不安定にするような飼い方をしている」などが内的原因です。
成犬に成長してから、特定の場面でだけ問題行動を起こす場合では、その原因の多くが内的原因と考えられます。

  • 犬の性格に合わない生活環境
  • 犬の本能を抑制される飼い方
  • 飼い主との関係が不完全

チェック内的原因から起こる犬の問題行動

犬が持っている性格を理解する

日頃の愛犬の行動から、犬の性格を考えることによって、陥りやすい心の問題や、起こしやすい問題行動を推測することも可能です。
たとえば、繊細な性格の犬であれば、「怯え」が原因で威嚇行動(いかくこうどう)を起こしやすい傾向にあり、独立心が旺盛(おうせい)である犬の場合には、優位性(リーダー化)が原因で威嚇行動を起こしやすい傾向にあります。
また、活発的な性格の犬であれば、エネルギー過剰が原因で発散行動を起こしやすい傾向にあります。
日頃から愛犬を観察することによって、問題行動の原因を突き止めるきっかけになります。
犬本来の性格を変えることは不可能ですが、愛犬の特徴を理解し、根気よくしつけをおこなうことによって、性格が原因によって起こる問題行動を緩和させることができます。

犬の性格を把握する
臆病なタイプ ・吠えグセ
・他の犬とのけんか
他の犬や人を見ると脅えて、威嚇するなどの攻撃行動をします。
分離不安
反抗的なタイプ ・うなる
・追いかけ行動
・マウンティング
・噛みグセ
飼い主に対する服従心に欠け、まわりを攻撃して、自分が思う通りに行動しようとします。
アルファシンドローム
エネルギー過剰なタイプ ・追いかけ行動
・吠えグセ
・他の犬とのけんか
体を動かしたいという欲求が強いため、運動する機会が少ないと、ストレスを発散しようとして問題行動を起こします。

チェック関連病気

犬が起こす問題行動とは代表的な犬の問題行動問題行動の原因(飼い主の接し方・ストレス)問題行動の原因(病気・遺伝的疾患)


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.