犬がとる代表的な問題行動を紹介しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬がとる代表的な問題行動を紹介しています。
トップ犬の問題行動>代表的な犬の問題行動

代表的な犬の問題行動【ワンちゃんの医学マニュアル】

代表的な犬の問題行動

犬の問題行動の多くは、主に精神のバランスが崩れることによって起こります。
精神のバランスが崩れる原因は、その多くがストレスです。
ストレスの原因を理解し、ケアすることが、問題行動を根本的に解決する近道です。

代表的な犬の問題行動一覧
問題行動 具体的な行動
噛みグセ 人間に噛みついたり、他の犬に噛みついたりと、歯を立てて攻撃します。
追いかける行動 動くものを見ると追いかけます。
散歩中であっても、リードを引っ張って追いかけていきます。
うなる 人間や他の犬に対して、うなって威嚇します。
歯をむき出しにすることもあります。
自傷行為 自分の体の一部をなめたり噛んだりします。
脱毛したり、体が傷ついても、自傷行為を繰り返します。
自分の尻尾を追いかける 自分の尻尾を追いかけまわり続けます。
この行動は常同行動といい、意味のない行動を繰り返し行います。
粗相をする トイレのしつけが身についているにもかかわらず、留守番中などの特別な状況になった時にだけ、トイレ以外の場所で排尿や排泄をします。
盗み食い 食卓にある物を勝手に食べます。
食餌以外の物を食べたり、必要以上の量を食べるケースもあります。
他の犬とけんか 他の犬と出会うと、交流することができずにけんかを始めます。
マウンティング 飼い主などに前足をかけて腰を振る「疑似性行為」です。
自分が上位であるという優位性を示すときなどにもおこないます。
マーキング 主にオスに見られる行為です。
片足を上げ、トイレ以外の場所に尿をかけてまわります。
無駄吠え 家の中や外で吠え続け、なかなか吠える行為をやめません。
何かに対して吠え続けることもあります。

チェック関連病気

犬が起こす問題行動とは代表的な犬の問題行動問題行動の原因(飼い主の接し方・ストレス)問題行動の原因(病気・遺伝的疾患)


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.