犬がとる行動の中でも何が問題行動なのかを解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬がとる行動の中でも何が問題行動なのかを解説
トップ犬の問題行動>犬が起こす問題行動とは?

犬が起こす問題行動とは?【ワンちゃんの医学マニュアル】

犬の問題行動の定義

犬がとる行動の中でも、飼い主が容認できない行動、または動物自身に有害な行動のいずれかに当てはまる行動が、問題行動と定義されます。(ヴォイスとマーダーの定義)
飼い主が容認できない行動とは、飼い主の生活に合わせず、飼い主が改善したいと思うすべての行動を指します。
動物自身に有害な行動とは、犬が自分の体をなめたり、噛んだりして傷つけてしまう行為です。
毛づくろいするという犬本来の行動が、ストレスが原因で過剰になったものと考えられます。
犬が起こす問題行動のすべてが異常な行動ではありません。
多くの場合は、本来の犬の本能によって起こす行動なのです。
飼い主の都合で不快に思う行動であったり、犬が自分自身の行動を正常にコントロールできない状態に陥っていることを「問題行動」と定義しています。

チェック代表的な犬の問題行動

ストレスによる問題行動

犬が周囲に過剰な警戒・威嚇行動(いかくこうどう)を見せている場合には、ストレスなどの心の問題が原因であると考えられます。
犬は恐怖を感じると、本能から激しく吠えることによって相手を威嚇しますが、何にでも過剰に反応してしまう状態に陥ると、本来は吠える必要のない相手にまで吠えるようになります。
たとえば、攻撃を加えようとしていないにもかかわらず、子供を見ると吠えるというケースです。
この行動の裏には、怯えや欲求不満があるために精神のバランスが崩れ、犬自身が自分の行動を制御できなくなっているのです。
動物自身に有害な行動の原因の多くも、ストレスによるものと考えられています。
精神のバランスが崩れる原因は、生活環境への不適応や、飼い主との関係がうまくいかないことなどです。


チェック関連病気

犬が起こす問題行動とは代表的な犬の問題行動問題行動の原因(飼い主の接し方・ストレス)問題行動の原因(病気・遺伝的疾患)


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.