犬の中毒(ちゅうどく)を紹介。食べ物によって犬が起こす中毒「玉ねぎ中毒」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
玉ねぎ中毒について詳しく解説
トップ中毒(ちゅうどく)>玉ねぎ中毒

犬の玉ねぎ中毒【ワンちゃんの医学マニュアル】

玉ねぎ中毒

犬にとって玉ねぎは中毒を引き起こす毒です。
その他にも、長ネギなどのネギ類全般は、犬にとっては毒です。
チェック各中毒の対処方法一覧

病気の原因アリルプロビルジルスファイド

ネギ類を直接口にする他に、ネギ類を使った料理の残りを食べることによって中毒を起こします。
これは、ネギ類に含まれる「アリルプロビルジルスファイド」という物質が原因です。
中毒に至るまでの摂取量には個体差がありますが、食べさせないように注意してください。

症状貧血・黄疸

ネギ類に含まれるアリルプロビルジルスファイドによって赤血球(せっけっきゅう)が溶けるため、溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)を起こします。
また、ネギ類を多量に食べてしまって急性の中毒を起こしてしまうと、尿が赤ワイン色に変色し、貧血によって元気がなくなったり、白目部分が黄色くなる「黄疸(おうだん)」を起こしたりします。
時間の経過とともに、下痢(げり)や嘔吐(おうと)などの症状もあらわれてきます。

黄疸とは?黄疸とはビリルビンという色素が何らかの原因で血液中に増加し、その結果、全身の皮膚や粘膜に過剰に沈着し全身の皮膚や粘膜に過剰に沈着し、黄色に染まった状態です。

治療法輸血

治療は、多くの場合が軽症なので、特に治療は必要ありませんが、重度の場合には、輸血や輸液(ゆえき)をおこないます。


チェック関連病気

たまねぎチョコレートブドウアサガオ・ジャスミン・スイセンなどヒキガエルヘビ人間の薬殺虫剤洗剤鉛・鉄・水銀など


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.