犬の中毒(ちゅうどく)を紹介。アサガオ、ジャスミン、スイセンなど植物によって犬が起こす中毒について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
植物による中毒について詳しく解説
トップ中毒(ちゅうどく)>植物による中毒

植物によって犬が起こす中毒【ワンちゃんの医学マニュアル】

植物による中毒

庭や公園などで見かける身近な植物には、中毒を起こす種類があります。
犬を散歩させたり、遊ばせたりする場所にある植物をあらかじめチェックしておきましょう!!
中毒を起こす植物を見かけた場合には、犬を近づけないようにするなどしてください。
チェック各中毒の対処方法一覧

病気の原因

植物の葉っぱや幹の皮を口にすることによって、中毒を起こします。
毒性物質をもっている植物の葉っぱや幹の皮を食べたり、幹をかじったりすることによって、植物の毒が体内に入ります。
その他にも、毒が皮膚に付着することによって、皮膚がかぶれるケースもあります。
中毒の原因となる植物と、含まれる毒生物質は多様です。
一般には、白い樹液(じゅえき)をもった植物は危険と考えてください。

チェックアンドロメドトキシンという毒をもつ植物
  • アマリリスの球根
  • シャクナゲ
  • レンゲツツジ
チェックネリオドレインという毒をもつ植物
  • キョウチクトウ
チェックタキシンという毒をもつ植物
  • イチイ
症状嘔吐・下痢

口にした植物によって症状は異なりますが、共通してあらわれる症状は、嘔吐(おうと)や下痢(げり)です。
植物によっては、神経に障害を与え、呼吸困難を起こして死亡するケースもあります。

治療法胃の洗浄

治療は、一般的には、食べた植物を吐かせて胃を洗浄したり、下剤を飲ませたり、輸液(ゆえき)をおこなったりします。


チェック関連病気

たまねぎチョコレートブドウアサガオ・ジャスミン・スイセンなどヒキガエルヘビ人間の薬殺虫剤洗剤鉛・鉄・水銀など


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.