犬の中毒(ちゅうどく)を紹介。薬品によって犬が起こす「殺虫剤(さっちゅうざい)による中毒」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
殺虫剤(さっちゅうざい)による中毒について詳しく解説
トップ中毒(ちゅうどく)>殺虫剤(さっちゅうざい)による中毒

犬の殺虫剤(さっちゅうざい)による中毒【ワンちゃんの医学マニュアル】

殺虫剤(さっちゅうざい)による中毒

殺虫薬、殺鼠剤(さっそざい)、消毒剤、脱臭剤、除草剤など、家庭で用いる薬剤が、中毒の原因になるケースがあります。
チェック各中毒の対処方法一覧

病気の原因吸引・吸収

散布した殺虫剤を口から吸ったり、皮膚に付着した薬剤が皮膚から吸収されるなどによって中毒を起こします。
その他にも、殺鼠剤を用いて駆除(くじょ)したネズミを食べて中毒を起こしたり、除草剤が付着した草木をなめることによって中毒を起こします。

症状嘔吐・痙攣

薬剤によって症状は異なります。
塩素系の殺虫剤が原因の場合には、よだれを垂らす、四肢が痙攣(けいれん)するなどの症状が見られます。
有機リン系殺虫剤が原因の場合には、呼吸困難に陥ります。
除草剤が原因の場合には、嘔吐(おうと)、腹痛、下痢(げり)、脱水症状などの症状が見られます。

治療法各薬剤に対応した治療

治療は、薬剤によって対処方法は異なります。
塩素系殺虫剤による中毒であれば、硫酸アトロビンを与えて解毒します。
除草剤による中毒の場合には、ヒ素が中毒の原因物質なので、体内のヒ素を排除するためにBALを投与します。
中毒が疑われる場合には、早急に動物病院で診察を受けてください。
なお、動物病院での診察時には、中毒の原因と疑われる薬剤を持参してください。
診断の役に立ちます。


チェック関連病気

たまねぎチョコレートブドウアサガオ・ジャスミン・スイセンなどヒキガエルヘビ人間の薬殺虫剤洗剤鉛・鉄・水銀など


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.