犬の寄生虫病を紹介。寄生虫病である「鉤虫症(こうちゅうしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
鉤虫症(こうちゅうしょう)について詳しく解説
トップ寄生虫病>鉤虫症(こうちゅうしょう)

鉤虫症(こうちゅうしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

鉤虫症(こうちゅうしょう)

鉤虫は、腸壁に噛みついて吸血する寄生虫です。
通常は、1歳以下の子犬に寄生が見られます。
チェック各寄生虫病の感染経路一覧

病気の原因経口感染・母子感染

鉤虫に感染した犬は、鉤虫の子虫を便と一緒に排出します。
この子虫に汚染されたものを口にすることによって感染します。(経口感染【けいこうかんせん】)
その他にも、鉤虫の子虫が、皮膚や毛穴から犬の体内に入り込んで感染するケースもあります。
なお、鉤虫に感染しているメスが妊娠すると、母体にいる胎子が、母犬から胎盤感染(たいばんかんせん)したり、授乳時に感染したりするケースもあります。

症状貧血・下痢・血便

貧血(ひんけつ)や下痢(げり)が、慢性的に継続します。
寄生している数が多いと、貧血と腹痛が生じます。
貧血によって目や口の粘膜(ねんまく)が白くなり、腹痛によって背中を丸めた姿勢になります。
子犬が感染した場合には、急性の症状があらわれるケースもあります。
母体にいるときに母犬から感染した場合には、生後すぐに下痢を起こすとともに、極度の貧血を起こします。
急激に衰弱(すいじゃく)して、死亡してしまうケースもあります。

治療法駆虫薬

治療は、駆虫薬(くちゅうやく)を注射したり内服するなどして、鉤虫を駆除する治療をおこないます。
重度の場合や感染が継続している場合には、栄養不足に陥っているため、同時に栄養補給もおこないます。
極度の貧血を起こしている場合には、輸血が必要です。

人間に感染する鉤虫症

鉤虫は人間にも寄生します。
人間が、感染犬の便に直接触れると、便中の卵が皮膚を通して体内に侵入します。
体内で孵化(ふか)した幼虫は、皮膚の下で動き回るため、皮膚炎などを起こします。
感染している犬の便を処理する際には注意が必要です。
犬の体や排泄物に触れた場合には、手洗いを徹底してください。


チェック関連病気

回虫症(かいちゅうしょう)コクシジウム症条虫症(じょうちゅうしょう)ジアルジア症鞭虫症(べんちゅうしょう)鉤虫症(こうちゅうしょう)


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.