犬の寄生虫病を紹介。寄生虫病である「コクシジウム症」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
コクシジウム症について詳しく解説
トップ寄生虫病>コクシジウム症

コクシジウム症【ワンちゃんの医学マニュアル】

コクシジウム症

腸粘膜上皮(ちょうねんまくじょうひ)に寄生する寄生虫です。
健康体の成犬が寄生されても特に問題はありませんが、子犬が寄生された場合には健康に影響を受けます。
チェック腸粘膜上皮とは、腸管の内面を覆う、柔軟かつ丈夫な膜のことを粘膜といいますが、この粘膜の表面を覆っている細胞のこと「腸粘膜上皮」をいいます。
チェック各寄生虫病の感染経路一覧

病気の原因経口感染

コクシジウムという寄生虫に感染している動物の便を介して感染することが原因です。
コクシジウムに感染した動物は、複数の子虫が入った「オーシスト」というカプセル状のものを便と一緒に排出します。
このオーシストを口にすることによって感染します。(経口感染【けいこうかんせん】)

チェックオーシストとは、細胞や幼生の周囲に被膜(ひまく)、被殻(ひかく)が形成されたものです。

症状下痢

子犬の場合には、多くの寄生虫に寄生されてしまうと、消化不良によって下痢などを起こします。
子犬がストレスを受けたり、犬が多数集まる場所で生活したりすると、特に症状が出やすくなります。
下痢の症状が悪化すると、脱水症状を起こすケースもあります。

治療法駆虫薬

治療は、駆虫薬(くちゅうやく)を注射したり内服するなどして、コクシジウムを駆除する治療をおこないます。
脱水症状を起こしている場合には、輸液(ゆえき)をおこなって水分を補給します。


チェック関連病気

回虫症(かいちゅうしょう)コクシジウム症条虫症(じょうちゅうしょう)ジアルジア症鞭虫症(べんちゅうしょう)鉤虫症(こうちゅうしょう)


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.