犬の寄生虫病を紹介。寄生虫病である「回虫症(かいちゅうしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
回虫症(かいちゅうしょう)について詳しく解説
トップ寄生虫病>回虫症(かいちゅうしょう)

回虫症(かいちゅうしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

回虫症(かいちゅうしょう)

最もよく見られる寄生虫で、子犬の感染が多いです。
回虫は白いミミズのような寄生虫です。
回虫には、犬回虫と、これより小さい犬小回虫の2種類が存在し、消化管に寄生します。
犬回虫は、子犬に感染すると、腸内で孵化(ふか)して子虫になり、腸壁(ちょうへき)に入って血流にのって全身を巡った後に、小腸に戻って成虫になります。
なお、犬回虫は成犬に寄生しても、子虫のままで成虫には成長しません。
犬小回虫は、腸内で孵化して子虫になると、全身を巡らずにそのまま成虫に成長します。
チェック各寄生虫病の感染経路一覧

病気の原因経口感染・母子感染

犬回虫に感染している犬の便を介して感染することが原因です。
便中に排出された犬回虫の卵を、犬が食べ物などと一緒に飲み込むことによって感染します。(経口感染【けいこうかんせん】)
その他にも、母体にいるときに、母犬から胎盤感染するケースもありますが、この場合は犬回虫だけで、犬小回虫は胎盤感染はしません。

症状嘔吐・下痢

子犬に多数の回虫が感染すると、腹部が膨れ、嘔吐(おうと)や下痢(げり)の症状を起こし、嘔吐では回虫を吐き出します。
回虫に栄養を奪われるため、発育障害を起こすケースもあります。
その他にも、回虫のかたまりが腸管をふさいでしまい、腸閉塞(ちょうへいそく)を起こすケースもあります。

治療法駆虫薬

治療は、駆虫薬(くちゅうやく)を注射したり内服するなどして、回虫を駆除する治療をおこないます。
駆虫薬を投与してから2週間後に、再度便検査をおこない、回虫が死滅していないようであれば、もう一度駆虫薬治療をおこないます。

人間に感染する回虫症

犬回虫は人間にも寄生します。
人間に寄生すると、肝臓が腫れたり、発熱、せきなどの症状があらわれます。
感染している犬の便を処理する際には注意が必要です。
犬の体や排泄物に触れた場合には、手洗いを徹底してください。


チェック関連病気

回虫症(かいちゅうしょう)コクシジウム症条虫症(じょうちゅうしょう)ジアルジア症鞭虫症(べんちゅうしょう)鉤虫症(こうちゅうしょう)


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.