犬の感染症を紹介。細菌による感染症である「細菌性腸炎(さいきんせいちょうえん)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
細菌性腸炎(さいきんせいちょうえん)について詳しく解説
トップ感染症>細菌性腸炎(さいきんせいちょうえん)

細菌性腸炎(さいきんせいちょうえん)【ワンちゃんの医学マニュアル】

細菌性腸炎(さいきんせいちょうえん)

サルモネラ菌、カンピロバクター菌、スピロヘータ菌などに感染することによって、腸に炎症を起こす病気です。
子犬が感染した場合には、死亡するケースもある危険な病気です。
なお、細菌性腸炎は、人間を含む多くの動物に感染します。
チェック各感染症の感染経路一覧

病気の原因経口感染

サルモネラ菌、カンピロバクター菌、スピロヘータ菌などの細菌に感染することが原因です。
細菌に汚染された水や食べ物を口にすることによって感染します。(経口感染【けいこうかんせん】)
犬の体内に侵入した細菌は、腸に侵入して増殖するため、腸が障害を受け炎症を起こします。(腸炎【ちょうえん】
サルモネラ菌、カンピロバクター菌、スピロヘータ菌以外にも、大腸菌(だいちょうきん)、プロテウス菌、緑膿菌(りょくのうきん)など、皮膚や腸などに常時存在する細菌が増殖することによって、腸炎を起こすケースもあります。

症状下痢、脱水症状

どの菌に感染したかによって症状は異なりますが、共通してみられる症状は下痢(げり)です。
また、腸の不調から食欲も元気もなくなります。
重度の場合には、脱水症状や腹痛があらわれるケースもあります。

治療法抗生物質

治療は、原因を特定することが困難であるため、まず抗生物質(抗菌薬)を投与して、薬の効果が見られるようであれば、細菌が原因の腸炎と診断します。
薬の投与から診断までの間に、便を検査して原因菌を特定します。
原因菌を特定したら、原因菌に対応した抗生物質を投与して治療します。

人間に感染する細菌性腸炎

人間も、犬と同様の感染源、感染経路で感染します。
犬の便や尿に含まれていた細菌に汚染された食べ物などを口にして感染します。
激しい腹痛や、発熱、嘔吐、下痢などの症状があらわれます。


チェック関連病気

狂犬病ケンネルコフジステンパーパルボウイルス感染症コロナウイルス感染症犬伝染性肝炎犬ヘルペス感染症細菌性腸炎レプトスピラ症ブルセラ症破傷風


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.