犬の感染症を紹介。細菌による感染症である「レプトスピラ症」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
レプトスピラ症について詳しく解説
トップ感染症>レプトスピラ症

レプトスピラ症【ワンちゃんの医学マニュアル】

レプトスピラ症

レプトスピラという細菌に感染する感染症です。
感染すると、消化器や内臓が障害を受けます。
なお、レプトスピラ菌は、人間を含む多くの動物に感染します。
チェック各感染症の感染経路一覧

病気の原因経口感染

レプトスピラ菌に感染することが原因です。
レプトスピラ菌は、感染した動物の尿中に排泄されます。
この菌に汚染された、食べ物や食器などから感染します。(経口感染【けいこうかんせん】)
また、体にできた傷から細菌が侵入するケースもあります。
なお、レプトスピラ菌は、犬だけではなく、人間やネズミ、豚などの動物にも感染します。

症状発熱・嘔吐

高熱、食欲の低下、嘔吐(おうと)の症状が見られる他に、口の粘膜(ねんまく)や目の結膜(けつまく)に充血(じゅうけつ)が見られます。
進行すると、腎臓に障害を受けるため、尿が出にくくなる、尿の臭いが強くなるなどの症状があらわれます。
重度になると、尿毒症を起こして死亡するケースもあります。
なお、腎臓だけではなく、肝臓が障害を受け、黄疸(おうだん)があらわれるケースもあります。

黄疸とは?黄疸とはビリルビンという色素が何らかの原因で血液中に増加し、その結果、全身の皮膚や粘膜に過剰に沈着し全身の皮膚や粘膜に過剰に沈着し、黄色に染まった状態です。

治療法抗生物質など

治療は、細菌を殺すために、抗生物質を投与します。
その他にも、脱水症状を起こしている場合には、輸液(ゆえき)をおこなう処置を、肝臓障害が見られる場合にはブドウ糖やビタミン剤を与える処置をと、症状に対応した治療をおこないます。
予防が可能なので、感染しないようにワクチン接種をおこなって予防することが大切です。

人間に感染するレプトスピラ症

人間も、犬と同様の感染源、感染経路で感染します。
発熱、頭痛、筋肉痛、嘔吐、出血、黄疸などの症状があらわれます。
腎不全(じんふぜん)を起こすケースもあります。


チェック関連病気

狂犬病ケンネルコフジステンパーパルボウイルス感染症コロナウイルス感染症犬伝染性肝炎犬ヘルペス感染症細菌性腸炎レプトスピラ症ブルセラ症破傷風


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.