犬の感染症を紹介。ウイルスによる感染症である「パルボウイルス感染症」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
パルボウイルス感染症について詳しく解説
トップ感染症>パルボウイルス感染症

パルボウイルス感染症【ワンちゃんの医学マニュアル】

パルボウイルス感染症

イヌパルボウイルスに感染した犬の、便や嘔吐物(おうとぶつ)を介して感染する感染症です。
腸がおかされ、最悪のケースでは、子犬であれば1日から2日で死亡、成犬であっても感染した25%が死亡します。
チェック各感染症の感染経路一覧

病気の原因経口感染

イヌパルボウイルスに感染した犬の、便や嘔吐物(おうとぶつ)を介して感染する(経口感染【けいこうかんせん】)ことが原因です。
ウイルスの多くは腸にすみつくため、腸炎(ちょうえん)を起こします。
ウイルスは、心筋にもすみつくケースがあり、この場合には心筋炎(しんきんえん)を起こします。

チェック心筋炎とは、心臓を構成する心筋に炎症が起こる病気です。

症状激しい嘔吐・下痢

ウイルス感染から2日から5日の潜伏期間を経て、突然、激しく嘔吐(おうと)し、その後下痢(げり)も加わります。
食欲が低下し、血液がまじったケチャップのような便をするようになります。
また、脱水症状を起こして、ショック状態に陥るケースもあります。
心筋に炎症を起こすケースもあり、この場合には、心不全(しんふぜん)を起こして死亡してしまうこともあります。

治療法入院治療・整腸薬・絶食

治療は、感染していない他の犬に感染させる危険性があるので、隔離入院(かくりにゅういん)して治療をおこないます。
脱水症状に対処するために輸液などをおこない、腸炎に対処するために整腸薬などを与えます。
また、嘔吐するため絶食させます。
多くは、3日から4日生存することができれば回復しますが、子犬の場合には死亡する確率が高くなります。
感染しないようにワクチン接種をおこなって予防することが大切です。


チェック関連病気

狂犬病ケンネルコフジステンパーパルボウイルス感染症コロナウイルス感染症犬伝染性肝炎犬ヘルペス感染症細菌性腸炎レプトスピラ症ブルセラ症破傷風


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.