犬の感染症を紹介。ウイルスによる感染症である「狂犬病(きょうけんびょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
狂犬病(きょうけんびょう)について詳しく解説
トップ感染症>狂犬病(きょうけんびょう)

狂犬病(きょうけんびょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

狂犬病(きょうけんびょう)

発病してしまうと、その100%が死に至る恐ろしい病気です。
予防接種が義務化したことによって、1957年以降、日本国内での発生はみられていません。
ただし、アジアやアメリカなど、狂犬病が見られる国も多くあるため、海外に行く場合には感染の危険があります。
チェック各感染症の感染経路一覧

病気の原因噛まれる

狂犬病に感染している動物に噛まれることが原因です。
狂犬ウイルスは、狂犬病に感染した動物の唾液(だえき)に含まれているため、感染している動物に噛まれてしまうと感染してしまいます。
通常は、噛まれた後、1か月から3か月で病気を発症します。
日本国内で狂犬病に感染している犬はいませんが、外国から輸入された動物などから感染する危険性があります。
なお、狂犬病は、人間を含む多くの哺乳動物に感染します。

症状狂乱状態・全身麻痺

一般的には、食欲不振などの全身症状を起こした後に、凶暴(きょうぼう)になります。
異常に吠えるようになり、人間でも動物でも見境なく噛むようになります。
凶暴の症状が落ち着くと、今度は大量のよだれを垂らすようになり、徐々に体が麻痺(まひ)し、やがて起き上がれなくなって死亡します。
死亡までの期間は、発症から5日から7日間です。
なお、発症後すぐに麻痺状態をお起こし、2日から4日間という短期間で死亡してしまうケースもあります。

治療法治療法はない

治療は、狂犬病を発症した後には、命を助ける方法はありませんが、発症前であれば、ワクチンを投与することで助かるケースもあります。
予防接種を受けていれば感染を防止できるので、必ず年一回の予防接種(義務)を受けてください。

狂犬病の感染経路

昨今では、海外から多くの動物が輸入されています。
輸入された中には、狂犬病のある国にいた動物の可能性もあります。
輸入されたすべての動物が、検疫(けんえき)を受けているわけではないため、輸入された動物に噛まれることによって、狂犬病に感染する可能性もあります。
チェック検疫とは、国内に存在しない感染症の病原体が持ち込まれるのを防ぐために、港や飛行場などで、旅客・貨物などを検査し、必要に応じて隔離・消毒その他の措置を行うことです。


チェック関連病気

狂犬病ケンネルコフジステンパーパルボウイルス感染症コロナウイルス感染症犬伝染性肝炎犬ヘルペス感染症細菌性腸炎レプトスピラ症ブルセラ症破傷風


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.