犬の感染症を紹介。ウイルスによる感染症である「コロナウイルス感染症」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
コロナウイルス感染症について詳しく解説
トップ感染症>コロナウイルス感染症

コロナウイルス感染症【ワンちゃんの医学マニュアル】

コロナウイルス感染症

感染力の強いイヌコロナウイルスに感染した犬の、便や嘔吐物(おうとぶつ)を介して感染する感染症です。
ウイルスは主に腸内で増殖します。
子犬が感染してしまうと、腸炎(ちょうえん)を起こして死亡するケースもあります。
チェック各感染症の感染経路一覧

病気の原因経口感染

イヌコロナウイルスという感染力の強いウイルスに感染することが原因です。
犬が集まる場所などで集団でいると、便や嘔吐物を介してすべての犬に感染してしまいます。

症状嘔吐・下痢

多くは、突然、症状があらわれます。
元気がなくなり、下痢(げり)や嘔吐の症状があらわれます。
下痢は、オレンジ色で悪臭を放ち、徐々にゆるい便へと変化していきます。
多くは回復しますが、子犬の場合では、下痢と嘔吐による脱水症状が原因で死亡してしまうケースもあります。

治療法安静・保温

治療は、脱水症状を起こしている場合には、輸液などをおこなって対処し、安静と保温を心がけて体力が回復するのを待ちます。
感染しないようにワクチン接種をおこなって予防することが大切です。


チェック関連病気

狂犬病ケンネルコフジステンパーパルボウイルス感染症コロナウイルス感染症犬伝染性肝炎犬ヘルペス感染症細菌性腸炎レプトスピラ症ブルセラ症破傷風


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.