犬の感染症(かんせんしょう)を紹介。ウイルスによる感染症や細菌による感染症など、犬の感染症について詳しく解説してます。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬の感染症を紹介
トップ>感染症

犬の感染症【ワンちゃんの医学マニュアル】

ウイルスによる犬の感染症

ウイルスは、電子顕微鏡(でんしけんびきょう)でしか見ることのできない、微小な病原体(びょうげんたい)です。
ウイルスは、他の生きた細胞の中に侵入して増殖するため、ウイルスに侵入された動物は、重い感染症を引き起こすことがあります。
ウイルスを殺すことのできる薬はまだありませんが、ワクチン接種を受けることによって、ウイルス感染を予防することができます。

ウイルスによる感染症

チェック狂犬病(きょうけんびょう)
チェックケンネルコフ
チェックジステンパー
チェックパルボウイルス感染症
チェックコロナウイルス感染症
チェック犬伝染性肝炎(いぬでんせんせいかんえん)
チェック犬ヘルペス感染症

細菌による犬の感染症

犬の皮膚や体内には、常時、非常に多種類の細菌が付着しています。
細菌の多くは特に問題を起こさないものですが、中には犬の健康を脅かす種類の細菌も存在します。
犬だけではなく人間(飼い主)にも感染するタイプの細菌も存在するので、注意してください。

細菌による感染症

チェック細菌性腸炎(さいきんせいちょうえん)
チェックレプトスピラ症
チェックブルセラ症
チェック破傷風(はしょうふう)

各感染症の感染経路一覧

各感染症は、感染経路が決まっています。
感染経路を知ることにより、感染の恐れがあるものや場所を避けることができます。
チェック各感染症の感染経路一覧

人獣共通伝染病(じんじゅうきょうつうかんせんびょう)

ウイルスや細菌などの病原体は、犬から犬に感染する種類だけではなく、犬から人間へと感染する種類も存在します。
これを「人獣共通伝染病」といいます。
感染源として特に多いのは、犬の便や尿です。
感染症の有無にかかわらず、犬の排泄物を扱う場合には、直接触れないように手袋などをしましょう!!
下痢をしている場合には、感染症の疑いが高まるので、特に注意する必要があります。
また、病気の犬に触れた場合には、手洗いと消毒を徹底するように心がけましょう!!
日頃の注意が、感染予防につながります。


チェック関連病気

皮膚の病気骨と関節の病気脳と神経の病気目の病気耳の病気歯と口腔の病気呼吸器の病気循環器の病気消化器の病気泌尿器の病気生殖器の病気ホルモン異常の病気感染症寄生虫病気中毒


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.