犬の感染症を紹介。ウイルスによる感染症である「犬伝染性肝炎(いぬでんせんせいかんえん)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬伝染性肝炎(いぬでんせんせいかんえん)について詳しく解説
トップ感染症>犬伝染性肝炎(いぬでんせんせいかんえん)

犬伝染性肝炎(いぬでんせんせいかんえん)【ワンちゃんの医学マニュアル】

犬伝染性肝炎(いぬでんせんせいかんえん)

イヌアデノウイルス1型というウイルスに感染した犬の、尿や唾液(だえき)などを口にすることによって感染する感染症です。
感染すると肝炎(かんえん)を起こします。
1歳以下の子犬では、死亡率が高い危険な病気です。
チェック各感染症の感染経路一覧

病気の原因経口感染

イヌアデノウイルスには、1型と2型があります。
犬伝染性肝炎は、イヌアデノウイルス1型に感染することが原因です。
感染した犬の、尿や唾液などを、犬が口にすることによって感染します。
犬の体内に侵入したウイルスは、肝臓に侵入するため、急性肝炎(きゅうせいかんえん)を引き起こします。

症状発熱・食欲の低下

発症しても無症状で推移するケースもあれば、高熱を出して急にぐったりし、半日から1日以内に死亡するケースまで、症状の出方は様々です。
重症の場合は、一般的に、高熱、元気がなくなるなどの症状があらわれます。
食欲の低下、下痢(げり)、嘔吐(おうと)、のどの渇き、むくみ、扁桃腺(へんとうせん)の腫れなど、多様な症状があらわれた後に、徐々に回復へと向かいます。
回復して症状がおさまっても、ウイルスは肝臓内で半年程度生き続けるため、尿中に排泄されたウイルスが、他の犬に感染させてしまう恐れがあるので注意が必要です。

治療法肝炎の治療

治療は、安静にして、十分休息させます。
栄養のある食餌を与えるとともに、薬物治療もおこないます。
抗生物質(こうきんやく)や肝臓の機能を改善させる薬の他、糖質やたんぱく質、ビタミンなどの栄養補給できるものなども用いられます。
基本的には肝炎と同じ治療をおこないます。
感染しないようにワクチン接種をおこなって予防することが大切です。


チェック関連病気

狂犬病ケンネルコフジステンパーパルボウイルス感染症コロナウイルス感染症犬伝染性肝炎犬ヘルペス感染症細菌性腸炎レプトスピラ症ブルセラ症破傷風


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.