犬の感染症を紹介。ウイルスによる感染症である「ジステンパー」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
ジステンパーについて詳しく解説
トップ感染症>ジステンパー

ジステンパー【ワンちゃんの医学マニュアル】

ジステンパー

イヌジステンパーウイルスに感染した犬のせきなどを介して感染します。
感染力が強く、死亡率も高い感染症です。
生後1歳未満の子犬は特に注意が必要です。
チェック各感染症の感染経路一覧

病気の原因空気感染・接触感染

イヌジステンパーウイルスに感染した犬のせきなどによる空気感染の他に、感染した犬に触れたり、ウイルスが付着しているものを口に入れるなどの接触感染(せっしょくかんせん)が原因です。

症状高熱・食欲の低下・嘔吐

初期症状としては、微熱や食欲不振程度で、そのまま時間の経過とともに、自然に治るケースもあります。
しかし、体力の低下した犬では、高熱、食欲の低下、嘔吐(おうと)、下痢(げり)、鼻水、せき、くしゃみなどの症状が見られます。
病気が進行すると、興奮(こうふん)、てんかん発作、体の一部がピクピク動く「チック症状」などの神経症状が見られます。

治療法入院治療

治療は、感染していない他の犬に感染させる危険性があるので、基本的には入院して治療します。
ウイルスに対抗する薬はないので、症状へ対処する対症療法(たいしょうりょうほう)をおこないます。
免疫力が低下しないように保温を心がけ、症状に応じてビタミン補給などをおこないます。
感染しないようにワクチン接種をおこなって予防することが大切です。

チェック免疫力とは、体内に入ったウイルスや細菌、異物などから自分自身の体を守る力のことです。


チェック関連病気

狂犬病ケンネルコフジステンパーパルボウイルス感染症コロナウイルス感染症犬伝染性肝炎犬ヘルペス感染症細菌性腸炎レプトスピラ症ブルセラ症破傷風


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.