犬の感染症を紹介。ウイルスによる感染症である「犬ヘルペス感染症」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬ヘルペス感染症について詳しく解説
トップ感染症>犬ヘルペス感染症

犬ヘルペス感染症【ワンちゃんの医学マニュアル】

犬ヘルペス感染症

母犬から感染する感染症で、生後すぐの子犬に感染します。
臓器に障害を受けて死に至る危険な病気です。
チェック各感染症の感染経路一覧

病気の原因母子感染

イヌヘルペスウイルスに感染することが原因です。
イヌヘルペスウイルスに感染した母犬から、母体にいるときに感染します。
その他にも、出産時に産道(さんどう)から感染したり、母犬の口や鼻からの分泌物(ぶんぴつぶつ)から感染したりします。

症状下痢・母乳を飲まない・嘔吐

イヌヘルペスウイルスに感染すると、腎臓、肺、肝臓などの臓器が壊死(えし)してしまいます。
生後1週間から2週間目から、緑色っぽい下痢(げり)をするようになります。
また、母乳を飲まなくなります。
その他にも、嘔吐(おうと)や呼吸困難の症状も見られます。
一緒に生まれた兄弟姉妹がみな同様の症状を起こし、やがて神経がおかされ死亡します。
なお、感染した子犬は、死亡するまで鳴き続けます。

治療法治療法はない

治療は、発症してしまうと、命を救うことは難しくなります。
一緒に生まれた子犬のうち、数匹だけ発症している場合には、すぐに発症している犬だけを隔離して、発症していない他の子犬を保育器に入れるなどの対応で、命を救うことができるケースもあります。


チェック関連病気

狂犬病ケンネルコフジステンパーパルボウイルス感染症コロナウイルス感染症犬伝染性肝炎犬ヘルペス感染症細菌性腸炎レプトスピラ症ブルセラ症破傷風


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.