犬のホルモン異常の病気を紹介。ホルモン異常の病気である「糖尿病(とうにょうびょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
糖尿病(とうにょうびょう)について詳しく解説
トップホルモン異常の病気>糖尿病(とうにょうびょう)

糖尿病(とうにょうびょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

糖尿病(とうにょうびょう)

体を動かすためのエネルギー源は、食餌から摂取する「糖(とう)」です。
膵臓(すいぞう)が分泌するホルモン「インスリン」は、糖をエネルギーとして利用する役割を担っていますが、このインスリンの分泌量が減ったり、インスリンの働きが低下したりして、糖を十分に利用できなる病気が糖尿病です。
チェック犬の内分泌腺の構造を詳しく見る

病気の原因先天的要因・肥満

インスリンは、膵臓にあるβ細胞から分泌されますが、β細胞が壊されてしまうことによって、インスリンの分泌量が不足してしまうことが原因です。
β細胞が壊されてしまう原因としては、その多くが先天的(生まれつき)要因が基礎にあり、肥満(ひまん)、感染症(かんせんしょう)、妊娠(にんしん)、ストレスなどが加わって発症すると考えられています。

症状多飲多尿・体重の減少

大量の水を飲み大量の尿を排出する「多飲多尿(たいんたにょう)」の症状が見られます。
尿を排泄すると、体内のたんぱく質の量が減少するため、犬は食餌で補おうと、食欲が旺盛になります。
しかし、インスリンの分泌量が不足しているため、十分に栄養を体内に取り入れることができず、食べる量が増えても痩せていきます。
血液検査を行うと、血液中の糖分「血糖値」が上がっているのがわかります。
血液中に増えた糖は、尿中にも排泄されるため、尿中の糖分も増えます。
病気が進行すると、血液中にある「ケトン体」という有害な物質が増加します。
その結果、下痢(げり)、嘔吐(おうと)などの症状があらわれ、重度の場合には昏睡状態(こんすいじょうたい)に陥るケースもあります。

治療法インスリンの補給・食餌制限

治療は、不足しているインスリンを補う治療をおこなうとともに、食餌も見直します。
獣医師の指導の下、飼い主が毎日インスリンを注射します。
また、標準体重に見合ったエネルギー量の食餌を、決まった時間に与えます。
なお、低血糖にならないように注意しながら治療を続けなければなりません。

低血糖(ていけっとう)

血液中の糖(血糖値)は、体を動かすためのエネルギーです。
血糖値が下がり、低血糖を起こしてしまうと、痙攣(けいれん)、元気がなくなるなどの症状があらわれます。
低血糖になる主な原因は、空腹、過度の運動、膵臓の病気の他に、糖尿病治療によるインスリンの効きすぎなどが考えられます。


チェック関連病気

糖尿病甲状腺機能亢進症甲状腺機能低下症上皮小体機能亢進症上皮小体機能低下症副腎皮質機能亢進症副腎皮質機能低下症尿崩症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.