犬のホルモン異常の病気を紹介。ホルモン異常の病気である「甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)について詳しく解説
トップホルモン異常の病気>甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)

甲状腺ホルモンの分泌が減少する病気で、甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)よりもよく見られます。
特に、コッカー・スパニエル、ドーベルマン、ゴールデン・レトリーバーなどに多く見られます。
チェック犬の内分泌腺の構造を詳しく見る

病気の原因自己免疫・腫瘍

自己免疫(じこめんえき)という免疫異常が原因です。
自己免疫によって甲状腺が委縮し、ホルモンを分泌する細胞が壊死してしまいます。
その他にも、甲状腺に発生した腫瘍(しゅよう)が原因になっているケースもあります。

チェック自己免疫とは、外敵である、細菌やウイルスなどが体内に侵入すると、それに対抗して抗体をつくり、外敵が再び侵入すると、攻撃して排除する働きを「免疫」といいますが、免疫異状によって、生まれながらに体内にあるものを外敵と認識して、免疫系が働いてしまう状態です。

症状体重の増加・脱毛

元気がなくなり、食欲もありませんが、体重は増加します。
フケが見られ、首、耳、尻尾などから徐々に左右対称の脱毛が始まります。
また、顔がむくみ、まぶたが下がるため、悲しげな表情をしているように見えます。
その他にも、突然、攻撃的になったり、神経質になるなどの問題行動を起こすケースもあります。
チェック甲状腺機能低下症の脱毛

治療法ホルモン補給

治療は、不足している甲状腺ホルモンを補うため、薬剤を与えます。
病気を根本的に治す治療方法ではありませんが、症状を改善することはできます。


チェック関連病気

糖尿病甲状腺機能亢進症甲状腺機能低下症上皮小体機能亢進症上皮小体機能低下症副腎皮質機能亢進症副腎皮質機能低下症尿崩症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.