犬のホルモン異常の病気を紹介。ホルモン異常の病気である「上皮小体機能亢進症」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう)について詳しく解説
トップホルモン異常の病気>上皮小体機能亢進症

上皮小体機能亢進症【ワンちゃんの医学マニュアル】

上皮小体機能亢進症(じょうひしょうたいきのうこうしんしょう)

上皮小体(副甲状腺【ふくこうじょうせん】)は、甲状腺の横にある小さな臓器で、上皮小体ホルモンを分泌(ぶんぴつ)しています。
この上皮小体ホルモンの分泌が過剰になる病気が上皮小体機能亢進症です。
なお、上皮小体は、血液中のカルシウム濃度を調整する役割を担っています。
チェック犬の内分泌腺の構造を詳しく見る

病気の原因カルシウムの摂取不足・腎臓の病気

腫瘍(しゅよう)や、食餌でのカルシウムの摂取不足、腎臓の病気などが原因です。
これらを起こすと、上皮小体ホルモンが過剰に分泌され、カルシウムの代謝に異常が起こります。
カルシウムを貯蔵(ちょぞう)する働きも担っている骨から、カルシウムが溶けだし、血液中のカルシウム濃度が高くなってしまいます。

症状多飲多尿

大量の水を飲み大量の尿を排泄する「多飲多尿(たいんたにょう)」の症状が見られます。
また、元気がなくなり、うとうとすることが多くなります。

治療法食餌療法

治療は、食餌療法が中心になります。
カルシウムをはじめとする、栄養のバランスがとれた食餌を与えます。
カルシウムが骨からとけだしているため、骨が弱くなっているので、骨折しないように注意します。


チェック関連病気

糖尿病甲状腺機能亢進症甲状腺機能低下症上皮小体機能亢進症上皮小体機能低下症副腎皮質機能亢進症副腎皮質機能低下症尿崩症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.