犬のホルモン異常の病気を紹介。ホルモン異常の病気である「副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう)について詳しく解説
トップホルモン異常の病気>副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう)

副腎皮質機能亢進症【ワンちゃんの医学マニュアル】

副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう)

副腎は、腎臓の上部にある組織で、炎症を抑えるホルモン(糖質コルチコイド)を分泌しています。
この糖質コルチコイドが、腫瘍(しゅよう)などの原因によって、過剰に分泌される病気が、副腎皮質機能亢進症です。
クッシング症候群とも呼ばれ、特に、プードル、ビーグル、ダックスフンド、テリア種に多く見られます。
チェック犬の内分泌腺の構造を詳しく見る

病気の原因腫瘍

下垂体(かすいたい)に腫瘍ができることが原因です。
下垂体(かすいたい)は、副腎皮質ホルモンの分泌(ぶんぴつ)を促進させる役割を持つ、「副腎皮質刺激ホルモン」を分泌しますが、この下垂体に腫瘍が発生すると、副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。
また、副腎自体に腫瘍が発生することが原因となるケースもあります。
なお、他の病気の治療のために、長期間にわたって副腎皮質ホルモン(ステロイド系抗炎症薬)を使っている場合にも、同じ症状が起こります。

症状多飲多尿・脱毛

大量の水を飲み大量の尿を排泄する「多飲多尿(たいんたにょう)」や、腹部が膨れるなどの症状が見られます。
皮膚は、弾力がなくなるとともに脱毛も見られ、乾燥します。
特に目立つ症状としては脱毛です。
背中で左右対称の脱毛が見られます。
チェック副腎皮質機能亢進症の脱毛

治療法手術など

治療は、腫瘍が原因になっている場合には、副腎の機能を一時的に抑える薬を用いたり、腫瘍を切除する手術をおこないます。
他の病気治療のために、副腎皮質ホルモンを投与していることが原因となっている場合には、徐々に少しずつ投与量を減らします。


チェック関連病気

糖尿病甲状腺機能亢進症甲状腺機能低下症上皮小体機能亢進症上皮小体機能低下症副腎皮質機能亢進症副腎皮質機能低下症尿崩症


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.