犬の生殖器の病気を紹介。オスの生殖器の病気である「前立腺膿瘍(ぜんりつせんのうよう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
前立腺膿瘍(ぜんりつせんのうよう)について詳しく解説
トップ生殖器の病気>前立腺膿瘍(ぜんりつせんのうよう)

前立腺膿瘍(ぜんりつせんのうよう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

前立腺膿瘍(ぜんりつせんのうよう)

細菌感染などによって、前立腺に膿(うみ)がたまってしまう病気です。
多くは、膀胱炎(ぼうこうえん)を伴います。
チェックオス犬の生殖器の構造を詳しく見る

病気の原因前立腺炎

尿道を介して細菌に感染する「前立腺炎(ぜんりつせんえん)」が、悪化して化膿(かのう)することが原因です。
膿が尿と一緒に排出されずに、前立腺にたまってしまいます。
前立腺膿瘍の多くは、膀胱炎を併発しているため、頻尿(ひんにょう)などの排尿障害があらわれます。

症状発熱・痛み・頻尿

発熱、食欲の低下、痛みなどの症状が見られ、痛みから、歩くのを嫌がったり、触られることを嫌がったりします。
排尿の回数が多い「頻尿」や、尿が出にくくなるなどの症状も見られます。
その他にも、尿道(にょうどう)から膿のような分泌物(ぶんぴつぶつ)が出る、尿に血液がまじる、尿がにごるなどの症状が見られるケースもあります。

治療法薬物治療・外科的治療

治療は、抗生物質を用いて治療します。
なお、前立腺にたまった膿を外科的処置で除去する治療方法もありますが、完全に治すことが難しい病気です。


チェック関連病気

停留精巣前立腺肥大症前立腺炎包皮炎前立腺膿瘍精巣腫瘍乳腺炎子宮蓄膿症膣炎膣脱乳腺腫瘍子宮がん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.