犬の生殖器の病気を紹介。オスの生殖器の病気である「前立腺炎(ぜんりつせんえん)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
前立腺炎(ぜんりつせんえん)について詳しく解説
トップ生殖器の病気>前立腺炎(ぜんりつせんえん)

前立腺炎(ぜんりつせんえん)【ワンちゃんの医学マニュアル】

前立腺炎(ぜんりつせんえん)

前立腺が細菌に感染することによって、炎症を起こす病気です。
急性と慢性があり、急性の場合には、前立腺が炎症によって腫れて肥大化します。
慢性の場合には、前立腺は委縮(いしゅく)する傾向があります。
チェックオス犬の生殖器の構造を詳しく見る

病気の原因細菌感染

原因の多くは、膀胱(ぼうこう)や尿道(にょうどう)で起こった細菌感染が、前立腺にまで広がってしまうことです。

症状発熱・嘔吐・激しい痛み

急性の前立腺炎では、発熱、嘔吐(おうと)、便秘、尿が出にくいなどの症状があらわれます。
また、激しい痛みが生じるため、うずくまって動かなくなり、体を触られることを嫌がります。
病気が進行すると、尿がにごる、尿に血液がまじるなどの症状が見られます。
慢性の前立腺炎の場合は、特にはっきりとした症状は見られません。

治療法薬物治療

治療は、感染した細菌の種類を調べて、その細菌に対応した抗生物質(抗菌薬)を用います。
慢性のために特に症状が見られない場合であっても、膀胱炎(ぼうこうえん)などの感染源になってしまうケースもあるので、抗生物質を用いて完治するまでしっかりと治療します。


チェック関連病気

停留精巣前立腺肥大症前立腺炎包皮炎前立腺膿瘍精巣腫瘍乳腺炎子宮蓄膿症膣炎膣脱乳腺腫瘍子宮がん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.