犬の生殖器の病気を紹介。オスの生殖器の病気である「前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)について詳しく解説
トップ生殖器の病気>前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)

前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)

前立腺が大きく膨らみ、前立腺付近の臓器を圧迫することによって、排便障害などの症状を起こす病気です。
チェックオス犬の生殖器の構造を詳しく見る

病気の原因老化・精巣ホルモン

加齢とともに前立腺が徐々に肥大するため、老化が大きな原因だと考えられています。
また、若犬のときに精巣(せいそう)を除去(去勢【きょせい】)すると、前立腺肥大が起こらないという特徴から、精巣ホルモンが関与しているとも考えられています。

症状排便障害・排尿障害

前立腺が大きくなること自体に問題はありません。
しかし、肥大した前立腺が周辺の臓器を圧迫するようになると、症状が見られるようになります。
特に多いのは、直腸が圧迫されることによって、便秘になったり、便が少ししか出ないなどの排便障害です。
前立腺が尿道を圧迫した場合には、尿が出にくくなるという症状があらわれます。

治療法症状を緩和する治療・手術

治療は、症状をやわらげる治療をおこないます。
軽い便秘が見られる場合には、繊維質を多く含む食餌を与えて便をやわらかくする、浣腸をするなどの処置をおこないます。
その他にも、前立腺を摘出する手術をおこなう治療法もありますが、治療対象が体力のない老犬が多いことと、技術的に難しいことから、あまり一般的ではありません。


チェック関連病気

停留精巣前立腺肥大症前立腺炎包皮炎前立腺膿瘍精巣腫瘍乳腺炎子宮蓄膿症膣炎膣脱乳腺腫瘍子宮がん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.