犬の生殖器の病気を紹介。メスの生殖器の病気である「膣炎(ちつえん)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
膣炎(ちつえん)について詳しく解説
トップ生殖器の病気>膣炎(ちつえん)

膣炎(ちつえん)【ワンちゃんの医学マニュアル】

膣炎(ちつえん)

膣は、子宮と外陰部(がいいんぶ)とをつないでいる器官ですが、この膣が細菌に感染することによって、炎症が起こる病気です。
軽度の場合の多くは、時間の経過とともに自然に治ります。
チェックメス犬の生殖器の構造を詳しく見る
チェック子宮の構造を詳しく見る

病気の原因細菌感染

主に、膣が細菌に感染することが原因です。
細菌に感染してしまう原因の多くは、交尾や出産時に、膣に傷がついてしまい、この傷から感染してしまうケースです。
その他にも、排便や排尿時などに、外陰部から細菌に感染し、子宮に広がるケースもあります。
また、子宮内膜で起こった炎症が、膣まで広がるケースもあります。

症状膣が赤く腫れる・おりもの

膣が赤く腫れ、膣からおりものの様なねばついた液体が出てきます。
軽度の場合では、おりものは犬がなめてしまうため、症状に気づきにくいかもしれません。
病気が進行すると、すぐ気づくほどの量のおりものが膣から出てくるようになります。

治療法外科的治療・薬物治療

治療は、炎症物質で汚れてしまっている膣を洗浄し清潔にします。
状況に応じて、抗生物質を用いて細菌を殺します。
軽度の場合には、家庭で膣の汚れをきれいにし、清潔を保つことで、自然に治るケースもあります。


チェック関連病気

停留精巣前立腺肥大症前立腺炎包皮炎前立腺膿瘍精巣腫瘍乳腺炎子宮蓄膿症膣炎膣脱乳腺腫瘍子宮がん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.