犬の生殖器の病気を紹介。メスの生殖器の病気である「子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)について詳しく解説
トップ生殖器の病気>子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)

子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)

子宮が細菌に感染することによって、子宮に膿(うみ)がたまる病気です。
放置してしまうと、腹膜炎(ふくまくえん)を起こして死に至るケースもあるので注意してください。
チェック腹膜炎とは、腹膜とは腹腔内(ふくくうない)をおおう膜のことで、本来腹腔内は無菌になっていますが、細菌感染などの刺激によって、この腹膜に炎症が起こる病気です。
チェックメス犬の生殖器の構造を詳しく見る
チェック子宮の構造を詳しく見る

病気の原因細菌感染

子宮は、胎子(たいじ)を育てるための器官なので、本来は細菌に感染しないように防御されています。
しかし、主産経験のないメスなどでは、黄体ホルモンという性ホルモンのひとつが、発情後も長く子宮に残ってしまい、子宮内の環境に影響を及ぼします。
その結果、子宮の防御力が弱まってしまい、細菌に感染して炎症を起こすことが原因です。
炎症を起こすと膿ができます。
発情期以外は子宮の入り口が閉じているため、この膿が排出されずに子宮に蓄積されてしまいます。
細菌に感染した当初は、「子宮内膜炎(しきゅうないまくえん)」ですが、この子宮内膜炎が慢性化することによって、子宮蓄膿症に発展します。

症状多飲多尿・腹部が膨れる

初期症状としては、特に目立った症状は見られません。
病気が進行すると、大量の水を飲みその分大量の尿をする「多飲多尿(たいんたにょう)」の症状が見られます。
その他にも、子宮に膿がたまるため、腹部が膨れたように見えます。
便秘(べんぴ)や嘔吐(おうと)も見られ、外陰部(がいいんぶ)から、強いにおいを放つ分泌物(ぶんぴつぶつ)が出てくるケースもあります。

治療法手術

治療は、子宮蓄膿症を放置してしまうと、膿が腹腔内に漏れ出し、腹膜炎を起こして死に至るケースもあります。
子宮蓄膿症と診断された場合には、できるだけ早期に、子宮を摘出する手術をおこなう必要があります。
繁殖を希望する場合には、子宮にたまった膿を排出するために、抗生物質(抗菌薬)や、子宮の収縮を促進するホルモン薬「プロスタグランジン」を用いて治療をおこないます。


チェック関連病気

停留精巣前立腺肥大症前立腺炎包皮炎前立腺膿瘍精巣腫瘍乳腺炎子宮蓄膿症膣炎膣脱乳腺腫瘍子宮がん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.