犬の生殖器の病気を紹介。メスの生殖器の病気である「乳腺炎(にゅうせんえん)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
乳腺炎(にゅうせんえん)について詳しく解説
トップ生殖器の病気>乳腺炎(にゅうせんえん)

乳腺炎(にゅうせんえん)【ワンちゃんの医学マニュアル】

乳腺炎(にゅうせんえん)

母乳を分泌(ぶんぴつ)する組織を「乳腺」といいますが、犬は基本的に5対の乳腺を持っています。
この乳腺にしこりができる病気が乳腺炎です。
特に、授乳期(じゅにゅうき)や発情期(はつじょうき)に発症することが多い傾向にあります。
チェックメス犬の生殖器の構造を詳しく見る

病気の原因細菌感染・乳汁の過剰分泌

授乳時期に、子犬の歯などによって母犬の乳頭を傷つけ、この傷口から細菌が侵入する「細菌感染」が原因です。
その他の原因としては、乳汁(にゅうじゅう)の過剰な分泌による炎症です。
出産後に、子犬がすぐに死んでしまったり、出産頭数が少なかったりすると、乳頭の分泌が過剰になってしまうため、炎症が起こります。
また、発情期に、妊娠の有無にかかわらず、乳汁が分泌されることがあり、この時も、乳汁が過剰に分泌されやすくなるため、炎症が起こります。

症状乳腺のしこり

乳腺に、熱と痛みを伴ったしこりができます。
また、乳腺から黄色のような分泌物が出るケースもあります。
重度の場合には、発熱、食欲の低下などの全身症状があらわれます。

治療法薬物治療

治療は、細菌感染が原因となっている場合には、授乳中であれば授乳を中止して、抗生物質を用いて治療します。
乳腺に乳汁がたまっていることが原因である場合には、乳腺を押して乳汁を出すことで症状は治まります。


チェック関連病気

停留精巣前立腺肥大症前立腺炎包皮炎前立腺膿瘍精巣腫瘍乳腺炎子宮蓄膿症膣炎膣脱乳腺腫瘍子宮がん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.