犬の消化器の病気を紹介。腸の病気である「腸重積(ちょうじゅうせき)」について詳しく解説してます。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
腸重積(ちょうじゅうせき)について詳しく解説
トップ消化器の病気腸(ちょう)の病気>腸重積(ちょうじゅうせき)

腸重積(ちょうじゅうせき)【ワンちゃんの医学マニュアル】

腸重積(ちょうじゅうせき)

腸重積(ちょうじゅうせき)

腸管の一部が内側に反転して、腸管の内腔に入り込み、腸壁(ちょうへき)が重なり合った状態です。
腸管が折りたたまれた状態になるため、血行が悪くなり、この状態を放置してしまうと、折りたたまれた部分の腸管が壊死してしまいます。
その他にも、内腔が狭くなったり、詰まったりするため、腸閉塞(ちょうへいそく)を併発するケースもあります。
チェック犬の消化器の構造を詳しく見る

病気の原因腸内細菌の増殖・多飲多食・寄生虫

腸内細菌が異常増殖したり、多量の飲食、寄生虫による刺激などが原因と考えられています。
これらの原因によって、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が過剰になり、腸の重積が起こります。
蠕動運動(ぜんどううんどう)とは?蠕動運動とは、腸の筋肉が収縮と拡張を繰り返すことによって、食べ物を次の臓器に送る運動です。

症状嘔吐・激しい腹痛

嘔吐(おうと)を繰り返し、血液のまじった粘液状(ねんえきじょう)の便をします。
激しい腹痛が生じるため、うずくまって動かなくなります。
二次的に腸閉塞を併発するケースもあり、これを放置してしまうとショック状態になる場合もあります。

治療法手術

治療は、開腹して、腸をもとの状態に戻す手術をおこないます。
腸が壊死してしまっている場合には、同時に壊死部分の切除もおこないます。


チェック関連病気

巨大食道症食道梗塞急性胃炎慢性胃炎胃拡張・胃捻転胃潰瘍胃がん急性膵炎慢性膵炎膵外分泌不全急性肝炎慢性肝炎肝性脳症肝硬変肝臓がん腸閉塞急性腸炎慢性腸炎腸重積直腸がん肛門嚢炎


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.