犬の消化器の病気を紹介。腸の病気である「腸閉塞(ちょうへいそく)」について詳しく解説してます。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
腸閉塞(ちょうへいそく)について詳しく解説
トップ消化器の病気腸(ちょう)の病気>腸閉塞(ちょうへいそく)

腸閉塞(ちょうへいそく)【ワンちゃんの医学マニュアル】

腸閉塞(ちょうへいそく)

腸管に異物などが詰まってしまうことによって、食べ物が腸を通過できなくなってしまう病気です。
非常に多く見られ、命にかかわるケースもあります。
早期発見・早期治療が重要です。
チェック犬の消化器の構造を詳しく見る

病気の原因慢性肝炎

特に多い原因は、異物などを飲み込むケースです。
遊んでいたりして、口にしたものを誤って飲み込んでしまうと、特に異物が大きいものである場合には腸に詰まってしまいます。
異物以外にも、腸にできた腫瘍が大きくなった場合や、腹部の臓器にできた腫瘍が腸を圧迫するなどのケースもあります。
その他にも、ジステンパーなどによって、腸がねじれて詰まるケースもあります。

症状元気がなくなる・体重の減少

腸管が完全には詰まっていない場合には、食欲の低下や、嘔吐(おうと)がときどき見られ程度です。
異物などによって腸管が完全に詰まっている場合には、嘔吐、腹痛、便が出ない、腹部が膨らむなどの症状が突然起こります。

治療法食餌療法

治療は、異物が詰まっている場合の多くは、開腹して異物を摘出する手術をおこないます。
異物以外(腫瘍など)が原因になっている場合にも、開腹して腫瘍などを摘出する手術をおこないます。
手術後二日間は、食餌は全くとらないようにします。(絶食)


チェック関連病気

巨大食道症食道梗塞急性胃炎慢性胃炎胃拡張・胃捻転胃潰瘍胃がん急性膵炎慢性膵炎膵外分泌不全急性肝炎慢性肝炎肝性脳症肝硬変肝臓がん腸閉塞急性腸炎慢性腸炎腸重積直腸がん肛門嚢炎


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.