犬の消化器の病気を紹介。膵臓(すいぞう)の病気である「膵外分泌不全(すいがいぶんぴつふぜん)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
膵外分泌不全(すいがいぶんぴつふぜん)について詳しく解説
トップ消化器の病気膵臓(すいぞう)の病気>膵外分泌不全(すいがいぶんぴつふぜん)

膵外分泌不全(すいがいぶんぴつふぜん)【ワンちゃんの医学マニュアル】

膵外分泌不全(すいがいぶんぴつふぜん)

膵液(すいえき)という消化液の分泌量が減少することによって、消化不良を起こす病気です。
特に、ジャーマン・シェパード・ドッグ、ミニチュア・シュナウザーなどに多く見られます。
チェック犬の消化器の構造を詳しく見る

病気の原因慢性膵炎・膵液の減少

慢性膵炎(まんせいすいえん)や、膵臓の委縮(いしゅく)などの原因によって、膵液の分泌量が減少することが原因です。
膵液の量が減少すると、脂肪の分解が不十分になるため、小腸による栄養の吸収が悪くなり、食べでも太れなくなってしまいます。

症状体重の減少

食欲は旺盛(おうせい)で、日常的にガツガツ食べますが、体重は減少していきます。
食べ物以外のものでも食べたがる行動が見られます。
便を食べてしまうケースもあります。
食餌を大量に食べるため、大量の便をします。

治療法消化酵素の補給・食餌療法

治療は、膵液に含まれる消化酵素(しょうかこうそ)を補給させるため、消化酵素を食餌にまぜて与えます。
また、食餌療法も同時におこないます。
脂肪が含まれている量が少ない食餌(低脂肪食)を、1日数回に分けて少しずつ与えます。


チェック関連病気

巨大食道症食道梗塞急性胃炎慢性胃炎胃拡張・胃捻転胃潰瘍胃がん急性膵炎慢性膵炎膵外分泌不全急性肝炎慢性肝炎肝性脳症肝硬変肝臓がん腸閉塞急性腸炎慢性腸炎腸重積直腸がん肛門嚢炎


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.