犬の消化器の病気を紹介。膵臓(すいぞう)の病気である「急性膵炎(きゅうせいすいえん)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
急性膵炎(きゅうせいすいえん)について詳しく解説
トップ消化器の病気膵臓(すいぞう)の病気>急性膵炎(きゅうせいすいえん)

急性膵炎(きゅうせいすいえん)【ワンちゃんの医学マニュアル】

急性膵炎(きゅうせいすいえん)

消化液である膵液(すいえき)が過剰につくられることによって、自らの膵臓組織を消化してしまう病気です。
チェック犬の消化器の構造を詳しく見る

病気の原因脂肪の多い食物の摂取・肥満

膵臓は消化液である「膵液」をつくっていますが、この膵液が、何らかの原因によって過剰につくられ、自らの膵臓組織を消化してしまうことが原因です。
膵液が過剰につくられてしまう原因としては、「脂肪の多い食餌を過剰に摂取する」、「肥満」、「高脂血症(こうしけっしょう)」などが考えられます。
高脂血症とは?高脂血症・・・食べ過ぎや運動不足によって、血液中のコレステロールや中性脂肪が増加した状態

症状下痢・嘔吐・腹痛

激しい下痢(げり)と嘔吐(おうと)の症状が見られます。
下痢には血液がまじり、悪臭を伴うこともあります。
その他にも、激しい腹痛が生じるため、触られることを嫌がります。
痛みから、横になることもできない場合があり、病気が重度化すると、ショック死するケースもあります。

治療法絶食

治療は、痛みを抑える薬を用いるとともに、しばらくの間、食餌をまったくとらないようにして(絶食)、膵液の分泌を抑えます。
下痢と嘔吐の症状がおさまった後には、脂肪の少ない食餌を少しずつ与えます。


チェック関連病気

巨大食道症食道梗塞急性胃炎慢性胃炎胃拡張・胃捻転胃潰瘍胃がん急性膵炎慢性膵炎膵外分泌不全急性肝炎慢性肝炎肝性脳症肝硬変肝臓がん腸閉塞急性腸炎慢性腸炎腸重積直腸がん肛門嚢炎


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.