犬の消化器の病気を紹介。肝炎(かんえん)や肝性脳症(かんせいのうしょう)など犬の肝臓(かんぞう)の病気を解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬の肝臓(かんぞう)の病気を紹介
トップ消化器の病気>肝臓(かんぞう)の病気

犬の肝臓(かんぞう)の病気【ワンちゃんの医学マニュアル】

肝臓(かんぞう)の病気

体内の様々な物質の分解や合成、貯蔵などの役割を担っているのが肝臓です。
生命の維持を担っている臓器のため、その機能に異常が起こると、全身に症状があらわれます。
チェック犬の消化器の構造を詳しく見る

急性肝炎(きゅうせいかんえん)

中毒、細菌やウイルス感染などの原因によって、急激に肝臓の細胞の一部が死滅してしまう、命の危険がある病気です。
チェック急性肝炎(きゅうせいかんえん)

慢性肝炎(まんせいかんえん)

肝臓の細胞が、少しずつ徐々に壊されてしまう病気です。
目立った症状が見られないために、病気に気づきにくいですが、放置してしまうと、肝硬変(かんこうへん)になるケースもあるので注意が必要です。
チェック慢性肝炎(まんせいかんえん)

肝性脳症(かんせいのうしょう)

通常は、アンモニアなどの毒度は肝臓によって無毒化されますが、この毒素が脳に入り込むことによって、食欲の低下や嘔吐(おうと)など、様々な症状があらわれる病気です。
チェック肝性脳症(かんせいのうしょう)

肝硬変(かんこうへん)

肝臓がかたく変質することによって、肝機能が低下してしまう病気です。
チェック肝硬変(かんこうへん)

肝臓がん

肝臓に腫瘍が発生します。
犬の肝臓がんは、多くの場合、他の臓器に転移することはありません。
チェック肝臓がん


チェック関連病気

巨大食道症食道梗塞急性胃炎慢性胃炎胃拡張・胃捻転胃潰瘍胃がん急性膵炎慢性膵炎膵外分泌不全急性肝炎慢性肝炎肝性脳症肝硬変肝臓がん腸閉塞急性腸炎慢性腸炎腸重積直腸がん肛門嚢炎


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.