犬の消化器の病気を紹介。肝臓の病気である「肝硬変(かんこうへん)」について詳しく解説してます。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
肝硬変(かんこうへん)について詳しく解説
トップ消化器の病気肝臓(かんぞう)の病気>肝硬変(かんこうへん)

肝硬変(かんこうへん)【ワンちゃんの医学マニュアル】

肝硬変(かんこうへん)

肝臓がかたく変質することによって、肝機能が低下してしまう病気です。
チェック犬の消化器の構造を詳しく見る

病気の原因慢性肝炎

多くは、慢性肝炎(まんせいかんえん)が原因です。
その他にも、フィラリア症が原因のケースもあります。
肝臓は、多少の細胞の損傷がであれば、必要な機能を果たすことができます。
ただし、慢性肝炎のように少しずつ細胞が損傷してしまうと、やがて肝臓全体が変質し、最終的には肝臓本来の機能が果たせなくなってしまいます。

症状元気がなくなる・体重の減少

元気がなくなる、食欲が低下するため痩せるなどの症状が見られます。
末期症状になると、腹部に水がたまる「腹水【ふくすい】」や、白目部分が黄色に変色する「黄疸(おうだん)」などの症状が見られます。
黄疸とは?黄疸とはビリルビンという色素が何らかの原因で血液中に増加し、その結果、全身の皮膚や粘膜に過剰に沈着し、黄色に染まった状態です。

治療法食餌療法

治療は、病気を根本的に治す方法はありません。
食餌療法や薬を用いて症状を抑えたり、病気の進行を遅らせる処置をおこないます。
安静にして、十分休息させるとともに、栄養のある食餌を与えます。
抗生物質(こうきんやく)の他、糖質やたんぱく質、ビタミンなどの栄養補給できるものなども用いられます。


チェック関連病気

巨大食道症食道梗塞急性胃炎慢性胃炎胃拡張・胃捻転胃潰瘍胃がん急性膵炎慢性膵炎膵外分泌不全急性肝炎慢性肝炎肝性脳症肝硬変肝臓がん腸閉塞急性腸炎慢性腸炎腸重積直腸がん肛門嚢炎


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.