犬の消化器の病気を紹介。胃炎や胃拡張、胃潰瘍など犬の胃の病気を解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
犬の胃の病気を紹介
トップ消化器の病気>胃の病気

犬の胃の病気【ワンちゃんの医学マニュアル】

胃の病気

犬は、食べ物を口腔(こうくう)で噛み砕かずに、ほとんど丸飲みで食べています。
また、食べ物以外のものを口にすることが多いため、特に胃のトラブルが多いです。
チェック犬の消化器の構造を詳しく見る

急性胃炎(きゅうせいいえん)

胃の粘膜に急性の炎症が起こる病気です。
突然、嘔吐(おうと)やジンジン、ピリピリ、チクチクなどの痛みの症状があらわれます。
チェック急性胃炎(きゅうせいいえん)

慢性胃炎(まんせいいえん)

慢性的に胃の粘膜に炎症が起こる病気です。
急性胃炎から、慢性化するケースもあります。
チェック慢性胃炎(まんせいいえん)

胃拡張・胃捻転(いかくちょう・いねんてん)

胃拡張は胃が異常に大きく膨らんだ状態で、胃捻転は胃がねじれた状態をいいます。
胃拡張を起こした後に胃捻転になるケースもあります。
特に、大型で胸の深い犬種に多く見られます。
チェック胃拡張・胃捻転(いかくちょう・いねんてん)

胃潰瘍(いかいよう)

胃の粘膜の一部が損傷してしまう病気です。
胃潰瘍を起こしてしまうと、胃の粘膜が胃酸に負けてしまうことによって、粘膜組織が破壊され、一部が損傷してしまいます。
重度の場合には、胃の壁に穴があいてしまうケースもあります。
チェック胃潰瘍(いかいよう)

胃がん

胃に腫瘍が発生します。
発見が遅れると、命の危険があります。
チェック胃がん

誤って異物を飲み込んでしまった場合

おもちゃなどの異物を飲み込んでしまったために、異物が胃腸にとどまってしまうことがあります。
異物を飲み込んでしまうと、嘔吐(おうと)や食欲低下などの症状が見られ、腸閉塞(ちょうへいそく)を起こすケースもあります。
命にかかわる場合もあるので、小さな異変を見逃さない心がけとともに、異物を飲み込ませない環境づくりも重要です。


チェック関連病気

巨大食道症食道梗塞急性胃炎慢性胃炎胃拡張・胃捻転胃潰瘍胃がん急性膵炎慢性膵炎膵外分泌不全急性肝炎慢性肝炎肝性脳症肝硬変肝臓がん腸閉塞急性腸炎慢性腸炎腸重積直腸がん肛門嚢炎


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.