犬の消化器の病気を紹介。胃の病気である「胃拡張(いかくちょう)・胃捻転(いねんてん)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
胃拡張(いかくちょう)・胃捻転(いねんてん)について詳しく解説
トップ消化器の病気胃の病気>胃拡張(いかくちょう)・胃捻転(いねんてん)

胃拡張(いかくちょう)・胃捻転(いねんてん)【ワンちゃんの医学マニュアル】

胃拡張(いかくちょう)・胃捻転(いねんてん)

胃拡張は胃が異常に大きく膨らんだ状態で、胃捻転は胃がねじれた状態をいいます。
胃拡張を起こした後に胃捻転になるケースもあります。
特に、ジャーマン・シェパード・ドッグ、グレート・デーン、コリー、ボルゾイ、ボクサーなど、大型で胸の深い犬種に多く見られます。
チェック犬の消化器の構造を詳しく見る

病気の原因食べ過ぎ

ガツガツと食餌を食べすぎてしまう、食欲旺盛の若い犬は、胃拡張になりやすい傾向があります。
特に、ドライフードを大量に食べた後に、水を大量に飲んでしまうと、胃拡張を起こしやすくなります。
胃拡張を起こした状態で、散歩などの運動をしてしまうと、胃が動いてねじれるために、胃捻転を起こしやすくなります。

症状腹部が大きく膨れる・嘔吐

元気がなくなり、ふさぎこんでしまいます。
腹部が膨らみ、苦しそうに呼吸します。
胃拡張の場合には、嘔吐(おうと)をしたり、げっぷするなどの症状が見られます。
胃捻転を伴うケースでは、胃拡張の症状が急激に進展します。
胃がねじれているため、嘔吐しようとする行動は見られますが、内容物は出てきません。
ごくまれに内容物を吐き出すケースもありますが、その場合には、コーヒー色の悪臭を伴う内容物がでます。

治療法外科的治療・手術

治療は、まずは、症状とエックス線検査から、胃拡張か胃捻転なのかを識別します。
胃拡張の場合には、カテーテルという細い管を口から通して、胃に入れ、内容物やガスなどを排出した後に、胃を洗浄します。
胃捻転の場合には、一刻を争う早急な手術が必要です。
開腹して、ねじれた胃を元に戻す手術をおこないます。

胃捻転(いねんてん)

胃捻転(いねんてん)
チェック関連病気

巨大食道症食道梗塞急性胃炎慢性胃炎胃拡張・胃捻転胃潰瘍胃がん急性膵炎慢性膵炎膵外分泌不全急性肝炎慢性肝炎肝性脳症肝硬変肝臓がん腸閉塞急性腸炎慢性腸炎腸重積直腸がん肛門嚢炎


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.