犬の消化器の病気を紹介。胃の病気である「胃潰瘍(いかいよう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
胃潰瘍(いかいよう)について詳しく解説
トップ消化器の病気胃の病気>胃潰瘍(いかいよう)

胃潰瘍(いかいよう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

胃潰瘍(いかいよう)

胃の粘膜の一部が損傷してしまう病気です。
胃潰瘍を起こしてしまうと、胃の粘膜が胃酸に負けてしまうことによって、粘膜組織が破壊され、一部が損傷してしまいます。
重度の場合には、胃の壁に穴があいてしまうケースもあります。
チェック犬の消化器の構造を詳しく見る

病気の原因腫瘍・腎不全

腫瘍(がん)腎不全(じんふぜん)などの病気が関係して発症します。

症状嘔吐・吐血

食欲の低下が見られ、よく嘔吐(おうと)するようにもなります。
嘔吐した際には、チョコレート色の血液がまじること(吐血【とけつ】)が多くなります。
これは、胃の内部から出血した血液が、時間の経過とともに酸化し、茶色に変色したためです。
嘔吐時の吐血だけではなく、便に血液がまじるケースもあります。

治療法薬物治療・手術

治療は、原因となる病気がある場合には、その病気に対応した治療をおこなうとともに、胃の内壁(胃壁【いへき】)を壊してしまう胃酸の力を抑える薬も用います。
症状によって、潰瘍(かいよう)の部分を切除する手術をおこなうケースもあります。


チェック関連病気

巨大食道症食道梗塞急性胃炎慢性胃炎胃拡張・胃捻転胃潰瘍胃がん急性膵炎慢性膵炎膵外分泌不全急性肝炎慢性肝炎肝性脳症肝硬変肝臓がん腸閉塞急性腸炎慢性腸炎腸重積直腸がん肛門嚢炎


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.