犬の循環器(心臓と血液)の病気を紹介。血液の病気である「溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)について詳しく解説
トップ循環器(心臓と血液)の病気>溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)

溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)【ワンちゃんの医学マニュアル】

溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)

酸素を運ぶ働きをしている血液中の赤血球(せっけっきゅう)が、免疫異常や中毒によって破壊されてしまう病気です。
チェック血液循環の過程を詳しく見る

病気の原因自己免疫異常・中毒

外界からの異物が体内に入ると、それを壊して体を守ろうとする機能を、「免疫システム」といいますが、この免疫システムの働きが、何らかの原因によって、外界からの異物ではなく、自分の体の組織に対して働いてしまう(自己免疫)ことがあります。
溶血性貧血は、免疫システムが、自分の赤血球を攻撃してしまうことが原因です。
その他にも、中毒が原因のケースもあります。
玉ねぎや長ネギには、犬の血液中にある赤血球を壊してしまう成分が含まれているため、多量に食べてしまうと赤血球を壊してしまいます。

症状貧血・元気がない

この病気の特徴は、急激に貧血症状があらわれることです。
目の結膜(けつまく)や、歯肉(歯茎)などを見てみると、真っ白に変色していることがわかります。
なお、皮膚や粘膜が黄色に染まる、「黄疸(おうだん)」を伴っている場合には、黄白色に変色します。
貧血が重くなると、少し動いただけでも息切れをするようになります。
その他、特に目立つ症状としては、犬が急に元気をなくしたり、運動を嫌がる、食欲の低下、吐き気などです。

治療法薬物治療

治療は、病気の原因が自己免疫の異常である場合には、自己免疫を治すことは不可能なので、薬を用いて貧血の症状を改善させます。
多くの場合、長期間の治療が必要になります。
ねぎ類の中毒が原因の場合には、吐かせるなどの応急処置をします。


チェック関連病気

心不全僧帽弁閉鎖不全症フィラリア症寝室中隔欠損症心房中隔欠損症動脈管開存症肺動脈狭窄症溶血性貧血血小板減少症血液のがん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.