犬の循環器(心臓と血液)の病気を紹介。心臓の病気である「僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)について詳しく解説
トップ循環器(心臓と血液)の病気>僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)

加齢などの原因によって、心臓の弁(べん)に異常が起こる病気です。
加齢とともに進行するため、早期発見・早期治療が重要です。
チェック犬の心臓の構造を詳しく見る

病気の原因心臓病など

心臓には右心房(うしんぼう)、左心房(さしんぼう)、右心室(うしんしつ)、左心室(さしんしつ)の四つの部屋がありますが、この四つの部屋には、血液の逆流を防ぐための弁があります。
左心室と左心房の間にある弁を「僧帽弁(そうぼうべん)」といいますが、この弁が、加齢とともに厚くなる、弁を支える腱索(けんさく)に異常が生じるなどの原因によって、徐々にきちんと閉まらなくなってしまうことがこの病気の原因です。
弁がしっかりと閉まらなくなると、本来であれば左心室から大動脈(だいどうみゃく)に流れる血液が、流れるときの圧力によって血液の一部が左心房に逆流してしまい、全身に流れるべき血液量が減少してしまいます。
また、肺動脈(はいどうみゃく)の流れにも影響を与えてしまい、重度になると肺に水がたまってしまいます。

症状呼吸困難・せき

症状は、早ければ5歳から6歳程度でではじめます。
初期症状としては、運動したり興奮したりした際に、軽い空ぜきが見られ、徐々にその程度が重くなり、特に夜中から朝にかけて、せきがひどくなります。
病気が進行すると、呼吸困難の症状があらわれます。

治療法薬物治療

治療は、病気を根本的に治す方法としては、人工心肺を用いる手術が効果的ですが、手術をおこなうことのできる動物病院はごく少数です。
多くの場合は、長期間にわたって症状をやわらげる治療をおこないます。
強心剤(きょうしんざい)や利尿薬(りにょうやく)、血管拡張薬(けっかんかくちょうやく)などを用いて症状をやわらげます。
過度な運動や興奮など、心臓に負担のかかることは極力避けるように注意したり、食餌での過度な塩分摂取や水分摂取に気をつけるなど、日常生活での管理も重要です。


チェック関連病気

心不全僧帽弁閉鎖不全症フィラリア症寝室中隔欠損症心房中隔欠損症動脈管開存症肺動脈狭窄症溶血性貧血血小板減少症血液のがん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.