犬の循環器(心臓と血液)の病気を紹介。先天性の心臓の病気である「寝室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
寝室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)について詳しく解説
トップ循環器(心臓と血液)の病気>寝室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)

寝室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)【ワンちゃんの医学マニュアル】

寝室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)

生まれつき、寝室を隔ている壁に穴や隙間があり、心臓肥大(しんぞうひだい)などを起こす病気です。
チェック犬の心臓の構造を詳しく見る

病気の原因先天的な要因

生まれつき、左心室(さしんしつ)と右心室(うしんしつ)を仕切っている「寝室中隔(しんしつちゅかく)」という壁に、穴や隙間があることが原因です。
左心室は大動脈(だいどうみゃく)に強い力で血液を押し出します。
強い力によって血液が流れるため、寝室中隔の穴や隙間から血液が漏れ出し、右心室へ逆流してしまいます。
血液が逆流してしまうと、全身に血液を送ることができなくなるとともに、血液が肺にも逆流してしまうため、心臓だけではなく、肺にも負担をかけます。

症状呼吸困難・疲れやすい

壁の穴が小さい場合には、特に症状はあらわれません。
しかし、穴や隙間が大きい場合には、子犬の時から、呼吸困難や疲れやすいなどの症状があらわれ、発育が妨げられます。
肺に水がたまって、せきが出るケースもあります。

治療法薬物治療・手術

治療は、軽度の場合には、成長とともに自然に穴がふさがるケースもあります。
穴がふさがらない場合には、穴をふさぐ手術をおこないます。
その他にも症状に合わせて、強心薬(きょうしんやく)、利尿薬(りにょうやく)、血管拡張薬(けっかんかくちょうやく)などを用いて、症状を改善させます。


チェック関連病気

心不全僧帽弁閉鎖不全症フィラリア症寝室中隔欠損症心房中隔欠損症動脈管開存症肺動脈狭窄症溶血性貧血血小板減少症血液のがん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.