犬の循環器(心臓と血液)の病気を紹介。心臓の病気である「心不全(しんふぜん)」について詳しく解説しています。

犬の病気紹介と病気予防サイト【ワンちゃんの医学マニュアル】 Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
心不全(しんふぜん)について詳しく解説
トップ循環器(心臓と血液)の病気>心不全(しんふぜん)

心不全(しんふぜん)【ワンちゃんの医学マニュアル】

心不全(しんふぜん)

心臓の機能が低下することによって、正常な血液の循環ができなくなった状態を「心不全」といいます。
病名ではなく状態のことをいいます。
チェック犬の心臓の構造を詳しく見る

病気の原因心臓病など

様々な心臓病などによる、心臓への負担が原因です。
病気で心臓に負担がかかることに加え、過度な運動、肥満、出血などがあると、心臓の機能低下を促進させてしまいます。
また、血管の病気、血液の病気、けがなどによる出血、内臓の病気によって貧血が起こると、その影響で心臓に負担がかかるため、心不全の原因になるケースもあります。

症状呼吸困難・せき

原因によってあらわれる症状は異なりますが、特に目立つ症状は、呼吸困難やせきです。
初期症状としては、運動した際や興奮した際に、「ゼーゼー」と呼吸が荒くなります。
進行すると、安静にしているときでも呼吸が荒くなり、呼吸を楽にするために、前足をつっぱった様な姿勢をとり、動くことを嫌がるようになります。
その他にも、四肢の先がむくんだり、腹部に水がたまったり(腹水ふくすい)、食欲の低下、吐き気、元気がないなどの症状が見られるケースもあります。

治療法薬物治療

治療は、心不全の原因になっている病気を治療しない限り、心不全は治りません。
よって、心不全の治療としては、症状を抑えることが目的となります。
心臓の働きを強めるために強心薬(きょうしんやく)を用いる、むくみをとるために利尿薬(りにょうやく)を用いて症状をやわらげます。
呼吸困難の症状には、血管拡張薬(けっかんかくちょうやく)を用いますが、呼吸困難がひどい場合には酸素吸入も合わせておこないます。
過度な運動や興奮など、心臓に負担のかかることは極力避けるように注意したり、食餌での過度な塩分摂取に気をつけるなど、日常生活での管理も重要です。
日常生活での注意点など、獣医師とよく相談しながら治療を続けることが大切です。


チェック関連病気

心不全僧帽弁閉鎖不全症フィラリア症寝室中隔欠損症心房中隔欠損症動脈管開存症肺動脈狭窄症溶血性貧血血小板減少症血液のがん


▲TOP
リンク一覧
当サイトの情報などを参考にして、損害が発生した場合があっても当サイト管理人及び関係者は一切責任を負うことは出来ません。

Copyright (C)2011-2014 ワンちゃんの医学マニュアル.All Rights Reserved.